ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

小中学校の入学・転校の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月29日更新

小中学校入学通知

 小・中学校への入学通知書は、毎年1月末日までに保護者へ通知します。
 私立の中学校などへ入学するときは、その学校長の入学承諾書などと市から送られた入学通知書をお持ちのうえ、市教育委員会で「区域外入学」の手続きを行ってください。

 

転校の手続き

市内での転居や市外から転入する場合

 前の学校から「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」をもらい、市民課(本庁舎1階)または市役所大麻出張所で住民登録の手続き(転居届、転入届)をしてください。その際、在学証明書を提示すると入学通知書が発行されますので、それらをお持ちの上、新しい学校で手続きをしてください。

市外へ転出する場合

 前の学校から「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」をもらい、住民登録の手続き(転出届)を終えてから、転出先の市区町村の窓口で転校の手続きをしてください。

 

外国籍児童・生徒の就学

 日本では小学校6年間(6歳~12歳)・中学校3年間(13歳~15歳)が義務教育で、保護者は子どもに教育を受けさせなければいけません。外国籍の子どもは就学の義務はありませんが、お子様の住民票が江別市にあり、江別市の小・中学校への入学を希望する場合は入学することができます。 

入学の手続きについて

 江別市の小・中学校に、お子様の入学を希望する場合は学校教育課へ事前にご連絡ください。教育委員会にて、入学に係る手続きを行った後、入学する学校へ行き、入学の手続きを行います。入学する学校は、お住いのご住所によって決まります。

費用について

 授業料と教科書代は無料です。給食費やその他教材費等は負担していただきます(経済的な理由で給食費や学用品費の支払いが困難な場合は、援助を受けられる場合があります)。

 

関連ページ