ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

令和2年4月から給食費を改定します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月3日更新

令和2年4月から給食費を改定します

 江別市学校給食会では、令和元年11月19日に開催された理事会で令和2年4月以降の給食費について審議を行い、改定を決定しました。

  江別市の給食費は、平成26年4月に改定を行って以来、据え置いてきましたが、この間、主食費と牛乳費は上昇し続けてきました。

  文部科学省の学校給食摂取基準に定められた栄養量を確保しながら、給食費を据え置くため、副食の食材費を切り詰めてきましたが、定められた栄養量を確保しながら、

児童生徒が食の楽しさを感じられる給食を安定して提供することが難しくなったため、令和2年4月から給食費の改定が必要と判断したものです。

 

江別市学校給食会理事会の審議内容はこちらをご覧ください。

・江別市学校給食理事会 開催記録

改定後の給食費単価

 令和2年4月から給食費単価は、小学校で21円改定し、低学年289円、中学年292円、高学年295円、中学校で24円改定し、351円となります。

 小学校低学年小学校中学年小学校高学年中学校
 
令和元年度268円271円274円327円
令和2年度289円292円295円351円
改定額21円21円21円24円
年額の例(※)58,956円59,568円60,180円71,604円

(※)年間204食の場合の年額を掲載しています。

   学校・学年によって年間給食回数は異なります。

   実際にお支払いいただく給食費については、令和2年3月に改めてお知らせします。

改定する理由

  平成26年度の改定以降、主食費・牛乳費の上昇に対応するため、副食費を減額することで給食費を据え置いてきました。

  副食の食材費を切り詰めながら、文部科学省の学校給食摂取基準の栄養量を確保してきましたが、副食費は平成26年度改定時と比較して、

小学校(中学年)で-10.07円、中学校で-10.04円と10円以上減っていて、食材費の切り詰めももはや限界に達したため、給食費の改定が必要になりました。

主食費・副食費・牛乳費の増減 (平成26年度と令和元年度)

小学校(中学年)平成26年度令和元年度増減中学校平成26年度令和元年度増減
 
主食費75円80.4円5.4円主食費86円91.73円5.73円
副食費153円142.93円▲10.07円副食費193円187.60円▲10.04円
牛乳費43円47.67円4.67円牛乳費43円47.67円4.67円
1食単価271円271円0円1食単価327円327円0円

(※)小学校は中学年(3、4年生)の単価です。

小麦粉と精米の単価上昇による主食費の上昇と牛乳費の上昇が副食費を圧迫していることが分かります。

令和3年度以降の給食費

 毎年、食材の価格を注視し、副食費の圧迫が著しくなった場合は、改めて江別市学校給食会にて検討していきます。

 給食センターは、引き続き安全でおいしい給食の提供に努めてまいりますので、このたびの給食費の改定に

つきまして、ご理解をいただきますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、下記までお尋ねください。

給食費関係のページ紹介

学校給食の運営と給食費                                

学校給食費のお支払いは口座振替をお勧めします                             

学校給食費夜間納入(相談)窓口の開催日程

給食センターだより