ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

耐震診断結果の公表

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月24日更新

「要緊急安全確認大規模建築物」の耐震診断結果の公表について

 1.概要

 「建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年法律第123号)」では、昭和56年5月31日以前に工事着手した不特定多数の方や避難上特に配慮を要する方が利用する施設で大規模なもの等(要緊急安全確認大規模建築物)に対して、平成27年12月末を期限として耐震診断結果の報告を義務付けてきました。

 対象施設の所有者から報告された江別市内の耐震診断の結果を同法9条に基づき公表します。

 2.要緊急安全確認大規模建築物とは

  旧耐震基準で建築されたもの(昭和56年5月31日以前に工事着手したもの)の内、一定規模以上のもの

  ・病院、ホテル・旅館、店舗などの不特定多数の者が利用する大規模建築物

  ・学校、老人ホームなどの避難確保上特に配慮を要する者が利用する大規模建築物

  ・一定量以上の危険物を取り扱う大規模な貯蔵場等

 要緊急安全確認大規模建築物の用途・規模要件は、次のとおりです。

     要緊急安全確認大規模建築物の用途・規模要件一覧表 [PDFファイル/100KB]

 3.公表内容

 ・建築物の名称、位置、用途

 ・耐震診断方法の名称及びこの建築物による構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価結果

 ・耐震改修、建替えまたは除却の予定がある場合は、その内容及び実施時期

4.耐震診断の評価について

 耐震診断によって評価される安全性の評価区分は、耐震診断結果の見方にあるとおり、I~IIIとなります。

 耐震診断は、震度6強から震度7に達する程度の大規模地震に対する安全性を評価するものです。公表対象の建築物は、違法に建築されたものや劣化が放置されたものでない限りは、震度5強程度の中規模地震に対しては、損傷が生じるおそれは少なく、倒壊するおそれはありません。

耐震診断結果の公表

 江別市内の対象建築物において、市役所本庁舎及び市民会館の2棟を除く15棟については、倒壊・崩壊の危険性が低いとの診断結果となっています。詳しい診断結果は、以下のとおりです。

 今後、対象建築物の耐震改修等の進みぐあいにより、随時内容を更新します。

 

・表紙・目次 [PDFファイル/111KB]

・総括表 [PDFファイル/127KB]

・集会場、公会堂 [PDFファイル/84KB]

・物品販売業を営む店舗 [PDFファイル/82KB]

・博物館、美術館、図書館 [PDFファイル/87KB]

・公益上必要な建築物 [PDFファイル/81KB]

・小中学校 [PDFファイル/488KB]

・附表 耐震診断の評価の結果と構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価[PDFファイル/83KB]

・参考 耐震診断結果の見方 [PDFファイル/285KB]

 

・全ページ一括 [PDFファイル/1.24MB]

 

関連リンク(国土交通省ホームページ)

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_fr_000054.html

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。