ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月13日更新

 児童手当は、家庭などにおける生活の安定に貢献するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな育ちに貢献することを目的として、児童を養育する方に支給される手当です。

対象児童

 中学校修了までの児童(15歳に達する年度の3月31日まで)

支給要件

 対象児童を養育している方が受給できます。
 父母に養育されていない児童については、児童を監護し、生計を維持する方が受給資格者となります。
※原則として児童の住所が日本国内にあることが必要です。
※児童が施設などに入所している場合は、原則として、入所している施設の設置者などが児童手当を受給することになります。

受給するには

 児童手当を受給するには、子育て支援課(市役所本庁舎西棟2階)または市役所大麻出張所で手続きが必要です。
 公務員については、勤務先で支給されますので、勤務先の給与事務担当者にお問い合わせください。

 児童手当は、原則、申請した月の翌月分からの支給となります。
 ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。申請が遅れると、原則、遅れた月分の手当を受けられなくなりますので、ご注意ください。
 公務員でなくなったとき、施設を退所したときなど、新たに受給資格が生じた場合も同様です。

提出・お持ちいただくもの

  • 児童手当認定請求書 [PDFファイル/226KB]
  • 印鑑
  • 添付の必要な書類
    1.健康保険被保険者証(世帯全員分)の写し
    2.通帳(請求者本人名義)の写し
     ※金融機関、支店、口座番号、口座名義人が記載されている部分
    3.別居している児童を養育している場合
     (1)別居監護申立書 [PDFファイル/38KB]
     (2)児童の住所地が市外の場合は、児童の属する世帯全員の住民票1通(個人番号の記載があるもの)
     

   ※この他にも、必要に応じて書類を提出していただく場合があります。

手当の額

児童の区分支給額/月
中学生の児童10,000円(一律)
3歳以上小学校修了前の児童(第1子、第2子)10,000円
3歳以上小学校修了前の児童(第3子以降)15,000円
3歳未満の児童15,000円(一律)

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3人目以降をいいます。

※児童を養育している方の所得が下記の所得制限限度額以上の場合は、支給対象児童1人につき月額5,000円(特例給付)となります。
 

扶養親族等の数所得制限限度額給与収入額の目安
0人622万円833万3千円
1人660万円875万6千円
2人698万円917万8千円
3人736万円960万円
4人774万円1,002万1千円
5人812万円1,042万1千円

※判定は前年の所得で行います。ただし、1月から5月までの月分の児童手当については、前々年の所得で行います。
※扶養親族等の数は、所得税法に規定する控除対象配偶者および扶養親族となります。

支給時期

 原則として4か月ごとに支払期月の前月までの分が支給されます。

  • 6月(2月分~5月分)
  • 10月(6月分~9月分)
  • 2月(10月分~1月分)

その他の手続き(主なもの)

現況届について

 「現況届」とは、6月1日時点のご家庭の状況(児童の監護、生計関係、所得等)を把握し、手当の支給要件を確認するための書類で、毎年すべての児童手当受給者の方に提出していただくものです。
 対象者には、6月上旬に市から「現況届」を郵送しますので、必要書類を添えて6月中に必ず提出してください。「現況届」の提出がない場合、6月分以降の手当が支給されませんので、ご注意ください。

受付時間

 月曜日~金曜日の8時45分~17時15分(祝祭日と年末年始の閉庁期間を除く)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。