ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 特別児童扶養手当は、身体や精神に障がいがある20歳未満の児童を養育している父母などに支給される手当です。
 対象者は身体障害者手帳で障がいの程度が1級から3級(4級の一部)と、療育手帳で判定がB以上に該当する方ですが、このほかに所定の診断書を付けることにより対象となる場合があります。
 ただし、所得制限があるほか、対象児童が施設に入所しているとき、障がいを理由とする年金を受けることができるとき、日本国内に住所がないときは支給されません。

手当の額(月額)

 障がい児の障がいの程度によって異なり、1級は51,500円、2級は34,300円です(平成28年4月1日現在)。

所得制限

 児童を養育している父母などの前年(1月~6月の申請は前々年)の所得を審査します。

特別児童扶養手当所得制限限度額(平成14年8月~)
扶養親族の数請求者(本人)配偶者・扶養義務者
0人459万6千円628万7千円
1人497万6千円653万6千円
2人535万6千円674万9千円
3人573万6千円696万2千円
4人611万6千円717万5千円
5人以上以下、38万円ずつ加算以下、21万3千円ずつ加算

手当の支払月

  • 12月分から3月分は4月11日に支給
  • 4月分から7月分は8月11日に支給
  • 8月分から11月分は11月11日に支給されます。
    ※ただし、11日が土・日・祝日の場合は、その前日に支給されます。

提出・お持ちいただくもの

 平成28年1月以降の申請には個人番号(マイナンバー)が必要となります。手続きの際には、個人番号を確認できる書類をお持ちください。

  • 請求者(障がい児を養育している人)と対象児童の戸籍全部事項証明(戸籍謄本)
    ※1か月以内に交付されているもの
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票
    ※1か月以内に交付されているもの
  • 診断書(用紙は窓口にあります)
    ※1か月以内に作成されているもの。ただし、1年以内に身体障害者手帳が交付されており1級から4級の一部の方、療育手帳A判定の方は、手帳の写しを添付して診断書に代えることができます。
  • 身体障害者手帳または療育手帳(所持者のみ)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 預金通帳(請求者名義のもの)
  • 所得のある方全員の所得証明書
    ※前年(1月から6月までの間に請求する方については前々年)の1月1日付けで江別市に住所がある場合はこちらで確認ができますので不要です。それ以外の方は、1月1日現在住所のあった市町村からお取り寄せください。
    ※対象児童と別居している場合には、別居監護申立書に地区の民生委員もしくは学校長などの証明が必要です。
    ※請求者が父または母でない場合には、養育申立書に地区の民生委員などの証明が必要です。
  • 本人、児童、扶養義務者(同居親族など)の番号を確認できる書類:「個人番号カード」または「番号通知カード」
  • 本人の身元確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)

代理人による届出

 代理の方でも手続きができます(申請の時に本人との関係をお聞きします)。本人以外の方が申請書に記入し、提出する場合、下記のものが必要となります。

  1. 代理人の方の本人確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)
  2. 委任状

その他

有期認定について

 特別児童扶養手当は、障がいの程度を確認するために再認定の手続きがあります。
 北海道からの案内文を約2か月前に送りますので手続きをお願いいたします。手続きが遅れると手当が受けられなくなることがありますので、ご注意ください。

所得状況届について

 特別児童扶養手当を受けている人は、江別市から案内を送りますので、毎年8月11日から9月10日までの間に「特別児童扶養手当所得状況届」を確実に提出してください。この届の提出がないと8月分以降の手当が受けられなくなります。

各種届出について

受給資格がなくなる、または減額される場合

 次の場合は、受給資格がなくなる、または減額されるので、すみやかに子育て支援課(本庁舎西棟2階)で手続きをし、特別児童扶養手当証書をお返しください。届出をしないで手当を受けていますと、受給資格がなくなった月の翌月から受給していた手当の総額をあとで返していただくことになります。

  • 対象児童が死亡した
  • 日本国内に住所を有しなくなった
  • 監護または養育しなくなった
  • 対象児童が満20歳に達した
  • 特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第3に定める程度の障がいの状態に該当しなくなった
  • 対象児童が障害基礎年金などの障がいを支給理由とする年金を受けることができるようになった
  • 児童福祉施設などに入所した

変更等の手続が必要な場合

 特別児童扶養手当の証書交付後、次のような変更があったときは、子育て支援課(本庁舎西棟2階)で変更などの手続きをしてください。

  • 氏名や住所や通帳記号番号等が変わった場合
  • 障がいの程度が特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第3に定める等級が変わった場合
  • 支給対象障がい児の数が変わった場合
  • 特別児童扶養手当証書を紛失・破損した場合
  • 転入・転出の場合
江別市へ転入するとき
  • 江別市で住所変更届の提出が必要です(届出書は窓口にあります)。
  • 特別児童扶養手当証書をお持ちください。
江別市から道内の市町村へ転出するとき
  • 転出先の市町村で住所変更届の提出が必要です(届出書は転出先市町村にあります)。
  • お手元の特別児童扶養手当証書を転出先市町村へお持ちください。
江別市から道外の市区町村へ転出するとき
  • 江別市で住所変更届の提出が必要です(届出書は窓口にあります)。
  • お手元の特別児童扶養手当証書をお持ちください(返還してください)。
    ※転出先においても必ず住所変更の手続きを行ってください。

受付時間

 月曜日~金曜日の8時45分~17時15分(祝祭日と年末年始の閉庁期間を除く)