ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入院助産制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月4日更新

 入院助産制度とは、江別市に居住しており、経済的理由により出産費用に困っている方に対して、出産に係る費用の助成を受けることができる制度です。必ず出産の前に申請してください。利用できる病院は江別市立病院です。

対象となる方

  1. 生活保護を受給している世帯
  2. 該当年度の市民税が非課税の世帯

受付時間

 月曜日~金曜日の8時45分~17時15分(祝祭日と年末年始の閉庁期間を除く)

提出・お持ちいただくもの

 平成28年1月以降の申請には個人番号(マイナンバー)が必要となります。手続きの際には、個人番号を確認できる書類をお持ちください。

  • 申請書(窓口にあるほか、下の「様式ダウンロード」から入手できます) 
  • 印鑑
  • 母子手帳(出産予定日と受診歴を確認します)
  • 健康保険証
  • 課税証明書または生活保護受給証明書
  • 本人の個人番号を確認できる書類:本人の「個人番号カード」または「番号通知カード)
  • 本人の身元確認書類(運転免許証、健康保険証等)

代理人の届出

 代理の方でも手続きができます(申請の時に本人との関係をお聞きします)。本人以外の方が申請書に記入し、提出する場合、下記のものが必要となります。

  1. 代理人の方の身元確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)
  2. 委任状

自己負担など

 生活保護世帯、単身(扶養義務者のいない世帯)・母子世帯、在宅障がい児がいる世帯は自己負担額が0円です。
 そうでない世帯は、83,000円の自己負担がかかります(平成27年1月現在)。

その他

 衛生材料費などの一部負担があります(状況などによって金額が異なります。退院するときに直接病院から請求されます)。
 このほか、入院助産負担金(83,000円)は、出産後、児童手当等の手続きの際に納付書をお渡しいたしますので、市役所内の銀行でお支払いください。

様式のダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。