ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月13日更新

 児童扶養手当は、父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭などの生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図るための手当です。

対象者

 手当を受けることができる方は、次の条件に当てはまる児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者)の父・母または養育者です。
 なお、児童が、心身に中程度以上の障がいを有する場合は、20歳未満まで手当が受けられます。

  • 父母が婚姻を解消した児童 
  • 父または母が死亡した児童 
  • 父または母が重度の障がい(国民年金の障がい等級1級相当)にある児童 
  • 父または母の生死が明らかでない児童 
  • 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童 
  • 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童 
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 母が婚姻によらないで産んだ児童 
  • 父母ともに不明(事故などで行方不明など)である児童

 ただし、所得制限があるほか、次のような場合は手当を受けることができません。
 児童が、

  • 日本国内に住所がない場合
  • 福祉施設などに入所または里親に委託されている場合 
  • 父または母の配偶者(内縁関係を含む)に養育されている場合(父または母が重度の障がいにある場合を除く)

 父・母または養育者が、

  • 日本国内に住所がない場合 
  • 婚姻の届け出はしなくても、事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある場合(養育者を除く)
     

公的年金等と児童扶養手当の併給について

 平成26年12月1日から、公的年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

(※)公的年金等・・・老齢年金、遺族年金、障害年金、労災年金、遺族補償など

受給するには

 児童扶養手当を受給するには、子育て支援課(市役所本庁舎西棟2階)で手続きが必要です。

提出・お持ちいただくもの

  1. 戸籍全部事項証明(戸籍謄本)(請求者と対象児童分)
    ※1か月以内に交付されているもの 
  2. 預金通帳(請求者名義のもの) の写し
  3. 年金手帳の写し
  4. 健康保険被保険者証(請求者と対象児童分)の写し
  5. 借家の場合・・・賃貸借契約書の写し 
  6. 年金受給者の場合・・・年金額の分かる書類(年金証書や年金決定通知書等)
  7. 対象児童と別居している場合・・・別居監護申立書
    ※別居監護申立書に地区の民生委員もしくは学校長(寄宿舎長)などの証明が必要です。
  8. 請求者が父または母でない場合・・・養育申立書
    ※養育申立書に地区の民生委員などの証明が必要です。

※この他にも、必要に応じて書類を提出していただく場合があります。

手当額(月額)

 請求者の所得状況に応じて、手当が支給されます。また、2人目、3人目以降の児童がいる場合、加算額が異なります。
 所得制限がありますので、詳しくは子育て支援課までお問い合わせください。

児童扶養手当の額について(平成29年4月1日現在)

 平成29年4月~
全部支給一部支給
 
児童1人目42,290円42,280円~9,980円
児童2人目

9,990円

9,980円~5,000円
児童3人目以降
(1人につき)
5,990円5,980円~3,000円

 

支給日

  • 12月分~ 3月分 → 4月11日
  •  4月分~  7月分 → 8月11日
  •  8月分~11月分 → 12月11日
    ※土・日・祝日の場合は、その前日に支給します。

その他の手続き(主なもの)

受給資格がなくなる場合

 次の場合は受給資格がなくなりますので、すみやかに子育て支援課(本庁舎西棟2階)へ児童扶養手当資格喪失届(両面) [PDFファイル/121KB]を提出するとともに、児童扶養手当証書をお返しください。
 届け出をしないで手当を受けた場合、手当を返納していただくことになります。

  • 児童が18歳に達する日以降の年度の最初の3月31日になったとき(心身に障がいがあるときは20歳になったとき)
  • 手当を受けている父または母が婚姻したとき(法律上の結婚だけでなく、内縁関係や生計を共にしたときも含みます)
  • 遺棄していた父または母から連絡・訪問・送金があったとき
  • 刑務所に拘禁されていた父または母が出所したとき(仮出所も含みます)
  • 児童が父または母と生計を共にするようになったとき
  • 児童が福祉施設などに入所したとき
  • 養育者が児童と別居するようになったとき
  • 父または母が児童を監護しなくなったとき
  • 児童が死亡したとき

転入・転出の手続き

転入するとき【必要なもの】
  1. 児童扶養手当住所(転入)・支払金融機関変更届 [PDFファイル/39KB]
  2. 家族調書(転入) [PDFファイル/60KB]
  3. 児童扶養手当証書(前住所地でを提出していない場合)
  4. 賃貸住宅にお住まいの場合…賃貸借契約書の写し
転出するとき【必要なもの】
  1. 児童扶養手当 転出(氏名・住所・児童氏名・金融機関)変更届 [PDFファイル/37KB]
  2. 児童扶養手当証書
  ※なお、転出先で住所変更(転入)の手続が必要です。

変更などの手続き

市内で住所が変わったとき【必要なもの】
  1. 児童扶養手当(氏名・住所・児童氏名・金融機関)変更届(両面) [PDFファイル/37KB]
  2. 家族調書 [PDFファイル/57KB]
  3. 賃貸住宅にお住まいの場合…賃貸借契約書の写し
氏名が変わったとき【必要なもの】
  1. 児童扶養手当(氏名・住所・児童氏名・金融機関)変更届(両面) [PDFファイル/37KB]
  2. 受給資格者の場合
    (1)戸籍全部事項証明(戸籍謄本)(請求者分)
    (2)預金通帳(請求者名義の氏名変更後のもの)

預金通帳等が変わったとき

  1. 児童扶養手当(氏名・住所・児童氏名・金融機関)変更届(両面) [PDFファイル/37KB]
  2. 預金通帳(請求者名義の氏名変更後のもの)
別居した児童を引き続き監護するとき

別居の父または母が児童を監護している旨の申立書 [PDFファイル/31KB]

出生などにより支給対象となる児童が増えたとき
  1. 児童扶養手当額改定請求書(A3両面) [PDFファイル/107KB]
  2. 家族調書 [PDFファイル/57KB]
  3. 戸籍全部事項証明(戸籍謄本)(対象児童分)
施設などに入所し支給対象となる児童が減ったとき
  1. 児童扶養手当額改定届(両面) [PDFファイル/107KB]
  2. 施設入所の場合…入所したことがわかるもの(契約書など)
児童扶養手当証書を紛失・破損したとき児童扶養手当証書亡失届 [PDFファイル/37KB]

 

現況届について

 児童扶養手当を受けている方(全部停止者を含む)は、江別市から案内を送りますので、毎年8月1日から8月31日までの間に「児童扶養手当現況届」を提出してください。この届の提出がないと8月分以降の手当が受けられなくなります。
 なお、2年間提出がない場合は受給資格がなくなります。

JR(鉄道)の定期券の割引制度について

 「通勤」でJR(鉄道)を利用される方は、定期券を3割引きで購入することができます。(手当が支給されている方とその世帯員のみ。全部停止者は除く。)
 子育て支援課で申請後、購入証明書を交付しますので、定期券の購入時にJRの窓口へご提出ください。
 ※購入証明書は、事前に子育て支援課へご連絡いただけると、申請時に即日交付できます。

 【申請に必要なもの】

  1. 特定者資格証明書交付申請書 [PDFファイル/27KB]
  2. 縦4cm×横3cmの上半身の写真(6か月以内)

受付時間

 月曜日~金曜日の8時45分~17時15分(祝祭日と年末年始の閉庁期間を除く)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。