ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保育を必要とする要件

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月9日更新

教育・保育給付認定(2号・3号)を受けて保育施設に入園申し込みをする場合、施設等給付認定(2号・3号)を受けて預かり保育や認可外保育施設の無償化を適用する場合は、保護者のいずれもが下の表の「保育を必要とする要件」のいずれかにあてはまることが必要です。

申請を行う際には、要件にあてはまることを確認の上、必要な添付書類を用意してください。

保育の必要性

認定の期間

添付書類

1

月に64時間以上の就労

在職している期間

雇用証明書

自営業申立書

2

妊娠・出産

出産予定日の8週前の月の初日から

出産日の8週後の月の末日まで

(8週後が月末日の場合は翌月末日)

母子手帳の写し

(表紙と分娩予定日の記載があるページ)

3

疾病・障がい

療養に要する期間

診断書

障害者手帳などの写し

4

同居か長期間入院等をしている

親族の介護・看護

介護・看護に要する期間

対象者の診断書・介護保険被保険者証の写しなど

5

震災、風水害、火災等の生活復旧

復旧に要する期間

罹災証明書

6

求職活動(起業の準備を含む)

認定日の90日後の月の末日まで

求職活動状況調査票

7

保護者の通学(就労を前提とした

職業訓練校・各種学校への通学)

卒業予定日の月の末日まで

在学証明書・時間割表

8

児童虐待やDVの恐れがある場合

必要事由がある期間

 

9

育児休業

(休業前から保育施設・サービスを利用している場合の継続利用に限る。)

育児休業終了日の月の末日まで

雇用証明書

10

その他市長が必要と認める場合