ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

成年後見制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

成年後見制度の概要

 認知症や知的障がい、精神障がいなどにより、自分で十分に判断できない人が、財産の取り引き、福祉サービスの利用などの各種手続きや契約を行うときに、一方的に不利な契約を結ばれないよう法律面や生活面で支援し、本人の権利や財産を守ることを目的とした制度です。
 申立ては家庭裁判所に行い、申立権があるのは基本的に4親等以内の親族となっています。

 市では、2親等以内に申立てをする親族がいないなど、特に必要がある場合、市長が申立てします。
 また、成年後見制度利用支援事業として、所得状況に応じて申立て費用や後見人などの報酬費用を助成する制度があります。
 なお、成年後見制度利用に関する相談や申立て手続きのアドバイスなどを行う、成年後見支援センターを開設しておりますので、お気軽にご相談ください。

 江別市成年後見支援センター(江別市社会福祉協議会HP(外部リンク))へ