ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > デジタル政策室 > 地域幸福度(Well-being)指標について

地域幸福度(Well-being)指標について

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年5月23日更新

地域幸福度(Well-being)指標とは

 国が進めているデジタル田園都市国家構想では、「地域における豊かな暮らし」(Well-being)と「持続可能な環境・社会・経済」(Sustainability)を実現し、地域で暮らす人々の心豊かな暮らし(Well-being)の向上と、持続可能性の確保を目指しています。

 これまでのまちづくりでは、街全体の目指す価値観の明示が不十分であり、目的や取り組みも十分に整合はされていませんでした。そのため、地域のWell-beingの向上にあたり、共通の指標(LWC指標)を利用することで、価値観や目的をすり合わせ、それぞれの取り組みの円滑な連携を図ることができるとされています。

 ※LWC指標とは、Liveable Well-Being City指標の略で、客観指標と主観指標のデータをバランスよく活用し、市民の「暮らしやすさ」と「幸福感(Well-being)」を指標で数値化・可視化したものです。

市民のWell-being向上に向けた指標の活用

 

 

 

 

 

出典:LWC指標利活用ガイドブック(一般社団法人スマートシティ・インスティテュート)

 

 詳しくはこちら↓

 ● デジタル田園都市国家構想【デジタル庁】(外部リンク)

 ● Liveable Well-Being City 指標 ご紹介と活用について【(一社)スマートシティ・インスティテュート】(外部リンク)

地域幸福感(Well-being)アンケートの実施(主観指標)

 市では、市民の皆さんの多様な意識や行動を把握するとともに、「生涯健康プラットフォーム推進事業」の進行管理に用いる主観指標の初期値(現状値)を取得・現状分析するなど、今後の施策立案の基礎資料とし地域幸福度(Well-being)指標の活用を促進することを目的に、市民1,500人を対象にアンケート調査(主観指標)を実施しました。

アンケート調査概要

 1 調査名称  地域における豊かな暮らし(Well-being)指標に関する市民アンケート調査

 2 調査対象  市民 1,500人(地区別、年代別に割り振り、無作為抽出)

 3 調査方法  無作為抽出した対象者の方に対し調査票を郵送(回答は郵送による)

 4 調査期間  令和5年2月7日(火)~ 令和5年2月27日(月)

 5 回答数   576件(回収率:38.4%)

 詳しくはこちら↓

 ● 地域における豊かな暮らし(Well-being)指標に関する市民アンケート調査​

アンケート調査結果

 
 ● 地域における豊かな暮らし(Well-being)指標に関する市民アンケート調査結果 [PDFファイル/4MB]
 

江別市の概要(客観指標)

 (一社)スマートシティ・インスティテュートが提供するデータと分析ツールにより、江別市におけるWell-beingの客観指標概要表を作成しました。

 江別市のWell-being概要表(客観指標)

デジタル田園都市国家構想について

 江別市では、内閣府が推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金(TYPE2)」の採択を受け、健康なまちづくりを進める「生涯健康プラットフォーム推進事業」を推進しています。

 詳しくはこちら↓

 ● 江別市生涯健康プラットフォーム推進事業【デジタル田園都市国家構想推進交付金TYPE2採択事業】について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。