ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

議会改革の取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月14日更新

 江別市議会では、より開かれた市議会を目指し、さまざまな取り組みを進めています。 議員定数や各種経費の見直し、ホームページによる議会情報の提供など、今後も皆さんにとって身近な市議会となるよう、議会改革に向けた取り組みを進めてまいります。

分類主な取り組み内容
平成13年全般政務調査費の交付に関する条例及び施行規則を制定
平成15年全般議員定数を削減(32人から29人へ、法定数34人)
平成15年情報公開議会ホームページの開設
平成15年全般議長公用車の廃止
平成18年情報公開議会ホームページへの一般質問通告内容の掲載
平成19年全般議員定数を削減(29人から27人へ、法定数34人)
平成19年全般常任委員会の統合(4委員会から3委員会へ)
平成20年全般費用弁償の内、市内日当の金額を2,300円から700円へ減額
平成21年全般費用弁償の内、市内日当(700円)を廃止
平成21年全般議会海外行政調査派遣を廃止
平成24年全般一般質問における一問一答方式の導入(試行)
平成24年全般委員会傍聴者への資料提供(閲覧)の実施
平成25年全般議会基本条例を制定
平成25年全般請願者の陳述の実施(委員会)(試行)
平成25年全般反問の実施(試行)
平成25年全般自由討議の実施(委員会)(試行)
平成26年情報公開政務活動費明細の公開
平成26年情報公開行政調査報告書の公開
平成26年情報公開本会議のインターネット中継の開始
平成26年情報公開議案に対する賛否の公開
平成26年情報公開市民と議会の集いの開催
平成29年全般長期欠席議員の議員報酬等を減額
平成29年情報公開議会フェイスブックの開設