ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康 > 感染症・予防接種 > 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 高齢・介護 > 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

 高齢者(成人用)肺炎球菌ワクチンについて

 肺炎は、日本人の死亡原因の上位を占め、肺炎球菌による肺炎は成人肺炎の25~40%を占めています。特に高齢者での重篤化が問題になっています。

 高齢者(成人用)肺炎球菌ワクチンは、約90種類ある肺炎球菌のうち、頻度の高い23種類の肺炎球菌について予防するものです。このワクチンの接種により、全ての肺炎が予防できるわけではありませんのでご注意ください。

 接種は、義務ではなく、個人予防を目的に、ご本人が接種を希望する場合に限り、定期の予防接種として1回の接種を受けることができます。

 なお、現在病気の治療中の方は、予防接種を受けてよいか事前に主治医の確認をとってください。

 ただし、過去に高齢者(成人用)肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことのある方は定期接種の対象にはなりません。過去の接種から5年経過している場合は、任意に接種を受けていただくことはできますが、料金は全額自己負担となります。

期間

 平成30年4月1日(日曜日)~平成30年3月31日(日曜日)(休診日を除く)  ※上記期間外の接種は任意接種となり、全額自己負担となりますのでご注意ください。

対象

 以下の1または2に該当し、接種を希望する方。(過去に肺炎球菌ワクチン予防接種を受けたことのある方は除く)

1.江別市民で以下の生年月日に該当する方

昭和28年4月2日生~昭和29年4月1日生の方

昭和23年4月2日生~昭和24年4月1日生の方

昭和18年4月2日生~昭和19年4月1日生の方

昭和13年4月2日生~昭和14年4月1日生の方

昭和  8年4月2日生~昭和  9年4月1日生の方

昭和 3年4月2日生~昭和  4年4月1日生の方

大正12年4月2日生~大正13年4月1日生の方

大正  7年4月2日生~大正  8年4月1日生の方

2.江別市民で接種当日60~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障がいのある方(障害等級1級またはそれに準じる方)

実施医療機関

 市内高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関
 各医療機関に直接お申し込みください。事前予約制です。

地区医療機関名電話番号
 あさひ町南大通クリニック383-9816
江 別えべつ神経内科389-7722
近藤眼科    382-4121
たぐち内科クリニック389-7855
プリモウイメンズクリニック391-7577
泌尿器科さいとうクリニック382-3136
みはらしクリニック384-3184
江別内科クリニック381-8900
はまもと内科クリニック788-7636
江別市立病院382-5151
野 幌江別循環器389-0810
江別脳神経外科391-3333
ゆきざさ循環器内科384-1000
友愛記念病院383-4124
江別谷藤脳神経クリニック382-3333
江別谷藤病院382-5111
おくの内科胃腸科クリニック381-0501
ささなみ内科クリニック382-3373
野幌病院382-3483
とがし小児科385-0150
緑苑クリニック381-6490
こんの小児科医院391-1148
渓和会江別病院382-1111
片山内科胃腸科医院385-5050
紺野内科医院381-5001
アウル内科クリニック383-3456
平賀内科クリニック382-5989
内科循環器科白樺通りクリニック383-7111
大 麻池永クリニック387-1111
高橋内科医院386-5222
高橋内科医院三番通りクリニック387-7788
おおあさ鈴木ファミリークリニック386-5303
ウルトラ内科小児科クリニック688-8801
ないとうクリニック386-8855
大麻内視鏡内科クリニック386-3366
おおあさクリニック388-2233
北町クリニック386-2160
むらかみ内科クリニック387-1555

料金

  2,500

回数

  1回

持ち物

  • 健康保険証、免許証等の住所、氏名、年齢が確認できるもの
  • 自己負担免除対象者は証明書のコピー
  • 一定の障がいのある方は障がい者手帳(1級)

自己負担免除対象者

 接種対象者のうち、以下に該当する方は、接種を受ける際に下記の証明書のコピーを医療機関に提出することで自己負担額が免除となります。

自己負担免除となる方必要書類
1.生活保護世帯の方生活保護受給者証のコピー
2.市民税非課税世帯の方以下のいずれか1点のコピー  各書類の見本はこちらをご覧ください。非課税減免書類見本一覧 [PDFファイル/334KB]
平成29年度介護保険料納入通知書兼特別徴収開始(変更・中止)通知書の世帯市民税状況欄のコピー(世帯市民税状況欄に「非課税」の記載のあるもの)
後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証のコピー(有効期限平成30年7月31日のもの)
※上記いずれかの書類をお持ちの方は非課税証明書を取得する必要はありません。

接種対象者の方で65歳未満の方および上記書類がお手元にない方は、高齢者予防接種用非課税証明書(無料)を取得してください。
証明書の取得方法につきましては、税務証明書の種類と手続きをご覧ください。

 

上記実施医療機関以外での接種を希望される場合

  市外医療機関等、上記実施医療機関以外での接種は長期入院・入所または主治医の管理下での接種を必要とする場合等のやむを得ない事情がある方のみ認められます。通常の通院、利便性等の理由による市外接種は認められませんのでご注意ください。必ず事前に保健センターにて接種依頼書の発行を受け、接種時に医療機関に提出してください。事前のお申し出のない場合は助成の対象とはなりません。
 また、自己負担が2,500円を超える場合や、自己負担免除者についても一部自己負担が発生する場合がありますのでご注意ください。
 市外接種依頼書の交付申請は、電話または保健センター窓口で受付けます。
 接種依頼書の申請・お問い合わせは江別市保健センター管理係(391-8036)まで。

副反応について

 重大な副反応としてアナフィラキシー様反応、血小板減少、知覚異常、ギランバレー症候群等の急性神経根障害、蜂巣炎・蜂巣炎様反応が認められています。

 その他の副反応として、局所の疼痛・熱感・腫脹・発赤が5%以上認められます。また、筋肉痛・倦怠感・違和感・悪寒・頭痛・発熱がみられることがありますが、いずれも軽度で2~3日で消失します。

 過去5年以内に接種を受けたことのある方は、再接種により注射部位の疼痛、紅斑、硬結等の副反応が強く発現するおそれあることが報告されています。

副反応がおこった場合

 予防接種と同時に、他の病気がたまたま重なって現れることもあります。予防接種を受けた後、接種部位のひどい腫れ、高熱などの症状があったときは、速やかに接種を受けた医師の診察を受けてください。

予防接種による健康被害救済制度について

 予防接種による健康被害救済制度についてはこちらをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。