ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

税務証明書の種類と手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月3日更新

 市で発行する税金関係の証明書は一覧のとおりです。
 市役所の開庁時間内に来庁できない場合は、(1)「夜間証明交付窓口を利用する」、(2)「郵送で請求する」、(3)「コンビニ交付を利用する」方法もありますので、いずれかの方法をご利用ください。

窓口に来られる方が持参するもの

 他人による証明書の不正取得や虚偽の届出を防ぐため、下記のものをお持ちください。

窓口に来られる方(申請者)提出する書類ご提示いただくもの
本人・同居親族なし

・運転免許証
・個人番号カード
・住基カード
・健康保険証
・障がい者手帳
・パスポートなど
(申請者の確認書類としていずれか1点

代理人(同居していない親族も該当します)ご本人からの委任状
相続人亡くなった本人との関係がわかる戸籍謄本・抄本など(コピー可)
法人代表者印(会社実印)を持参しない場合(右記1、2のどちらか)1.代表者印を押印した委任状
※2.代表者印を押印した申請書なし
代表者印(会社実印)を持参する場合なし代表者印を申請書に押印していただきます

 法人の方は、※2のとおりあらかじめ申請書をダウンロードし代表者印を押印した申請書をご持参いただくと、 代表者印を社外に持ち出す必要がないため便利です。
媒介契約書に記載された委任事項に基づき証明書等を交付申請される方へのお願い [PDFファイル/97KB]

 委任状、申請書は申請用紙等のダウンロードのページからダウンロードできます。

税金関係の証明一覧

 各証明の名称をクリックすると詳細な申請方法などのページにジャンプします。

名称内容手数料
所得証明書(控除内訳なし)1年間の所得について証明するものです。400円(各年度につき)
所得証明書(控除内訳あり)控除内訳付きは、所得の証明のほかに、扶養控除など控除の内訳が記載されています。
課税証明書当該年度の市民税・道民税の税額を証明するものです。非課税証明書の場合もこちらになります。
所得・課税証明書(控除内訳なし)所得証明書(控除内訳なし)と課税証明書を1枚にまとめたものです。800円(各年度につき)
所得・課税証明書(控除内訳あり)所得証明書(控除内訳あり)と課税証明書を1枚にまとめたものです。
納税証明書(完納証明書)年度・税目単位で年税額・納付額・未納額等について証明するものです。完納証明書は入札参加資格用です。400円(各年度・1税目につき)
評価証明書納税義務者・所在地・評価額のほか、土地については地目・地籍など、家屋については構造・用途・床面積などを証明するものです。400円(1筆1棟につき)
公租公課証明書納税義務者・所在地・評価額・課税標準額・相当税額のほか、土地については地目・地籍など、家屋については構造・用途・床面積などを証明するものです。
土地・家屋課税台帳登録者証明書(土地・家屋所有者証明書)納税義務者・所在地のほか、土地については地目・地籍など、家屋については構造・用途・床面積などについて証明するものです。
固定資産課税台帳の閲覧固定資産課税台帳(課税台帳、名寄帳)の閲覧ができます(縦覧期間中は現年度に限り無料です)。300円(1件につき)
営業証明書住所・名称または氏名・事業種別について証明するものです。400円(1件につき)
軽自動車税納税証明書(車検用)軽自動車の継続検査を申請する際に必要な証明書です。無料
住宅用家屋証明書(中古住宅住宅用家屋(中古住宅)に係る登録免許税の軽減を受けるために必要な証明書です。江別市役所本庁舎でのみ申請できます。新築住宅は建築指導課建築指導係での発行となります。1,300円
価格通知書固定資産価格通知書交付依頼書」を持参された方に発行するものです。(日付と札幌法務局江別出張所登記官の印が押印された、同出張所で発行された依頼書に限ります。)無料

 登記台帳の閲覧につきましては、個人情報の保護および課税情報の適正な利用の観点から、平成23年6月1日から取り扱いを廃止しました。
 なお、登記情報などについては、札幌法務局江別出張所(江別市元町34-1 電話/011-382-2132)をご利用ください。

平成29年度の主な証明交付開始日

個人住民税(市民税・道民税)

 所得証明書、課税証明書、所得課税証明書

  • 市民税・道民税が給与から天引きされる方(特別徴収の方)→5月12日(金曜日)から
  • 市民税・道民税をご自分で納める方、年金からの天引きの方(普通徴収、年金特別徴収の方)→6月12日(月曜日)から

 ※所得などに変更等があった場合は、内容が決定するまで発行できない場合があります。

固定資産税

 評価証明書、公租公課証明書

 4月3日(月曜日)から

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。