ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市たばこ税について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月1日更新

 製造たばこの製造者、特定販売業者または卸売販売業者が製造たばこを江別市内の小売販売業者に売り渡す場合、この製造たばこに対してかかる税金です。

納税義務者

 製造たばこの製造者、 特定販売業者、 卸売販売業者
 ※たばこの価格の中に、市たばこ税が含まれていますので、実際に税負担をしているのは消費者です。

税率について

 平成27年度及び平成30年度税制改正により、次のとおり税率が゙改正されます。

時期 3級品以外 3級品
平成28年度以降の税率推移
平成28年  4月1日~ 5,262円/1,000本 2,925円/1,000本
平成29年  4月1日~  (改正なし) 3,355円/1,000本
平成30年  4月1日~  (改正なし) 4,000円/1,000本
平成30年10月1日~ 5,692円/1,000本  (改正なし)
令和 元年10月1日~ 5,692円/1,000本
令和 2年10月1日~ 6,122円/1,000本
令和 3年10月1日~ 6,552円/1,000本

※3級品・・・わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレットの6銘柄。
※平成27年度税制改正では、3級品に係る特例税率の廃止が講じられ、税率の引上げが行われることとなりました。
    ただし、激変緩和の観点から、税率の引上げは、平成28年4月1日・平成29年4月1日・平成30年4月1日・令和元年10月1日の4段階に分けて実施されました。
    また、平成30年度税制改正では、製造たばこにかかる税率の引上げが講じられました。
    こちらに関しても、激変緩和の観点から、平成30年10月1日・令和2年10月1日・令和3年10月1日の3段階に分けて実施されます。

詳細については、総務省ホームページを参照してください。
総務省ホームページへ(外部リンク)

申告と納付の方法

 納税義務者(製造たばこの製造者等)が、毎月末日までに、前月の初日から末日までの間に売渡した製造たばこの本数及び税額を申告し、納付することになります。

手持品課税の実施

 手持品課税とは、たばこの小売販売業者、卸売販売業者又は製造者(以下これらを「小売販売業者等」といいます。)が、税率引上げ日の午前 0 時現在において、たばこの製造場又は保税地域以外の場所で、一定以上のたばこを所持する場合(複数の場所で所持している時はその合計本数)に、小売販売業者等に対し、その所持するたばこについて、税率の引上げ相当分を課税するものです。

過年度の実績

 各年度の市税概要(前年分)を参照してください。
 市税概要のページへ