ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > フォトグラフえべつ6月

フォトグラフえべつ6月

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月11日更新

市内のできごと2021年6月分

もくじ

江別市私立幼稚園連合会らが教育・保育施設従事者の優先接種を求める要望書を提出

安心安全のまちづくりに貢献した2名が危険業務従事者叙勲、春の叙勲を受章

中津湖の自然環境を守る!今年で20回目の清掃活動実施

江別造園協会による市庁舎前庭の花壇整備に感謝状を授与

江別造園協会が市庁舎前庭の花壇に花植え

江別市消防団辞令交付式

 

江別市私立幼稚園連合会らが教育・保育施設従事者の優先接種を求める要望書を提出

要望書提出

 6月10日(木曜日)、江別市私立幼稚園連合会、江別市民間保育園協議会、江別市幼稚園PTA連合会から、保育士や幼稚園教諭など教育・保育施設に従事する職員に、新型コロナウイルス感染症ワクチンの優先接種ができるよう求める要望書が市に提出されました。
 私立幼稚園連合会の宮﨑会長は、自ら感染症対策ができない子どもたちを預かるため、職員の感染症対策が重要であり、地域の方が安心して子ども預けられるようにしたいと訴えました。

 

フォトグラフえべつに戻る

安心安全のまちづくりに貢献した2名が危険業務従事者叙勲、春の叙勲を受章

叙勲受章集合写真

 6月10日(木曜日)、第36回危険業務従事者叙勲瑞宝双光章に永嶋司さんが、令和3年春の叙勲瑞宝単光章に山保義明さんが受章され、三好市長から伝達されました。
 永嶋さんは、昭和51年に江別市消防士となり、平成29年からは江別市消防本部消防長として、全体の奉仕者であることへの信念を貫いて公務に専念し、消防行政の発展に貢献しました。
 山保さんは、昭和55年に江別市消防団に入団し、平成24年からは消防団本部副団長として、永年培った豊富な経験と優れた識見をもって消防団の発展に貢献しました。

 

フォトグラフえべつに戻る

中津湖の自然環境を守る!今年で20回目の清掃活動実施

 トラックにごみを積む写真 地面に大量のごみ袋を置いている写真

 6月5日(土曜日)、ヘラブナ釣りや野鳥観察の名所として知られる中津湖周辺で清掃活動が行われました。
 この清掃活動は毎年行われており、20回目となる今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、地元の方々のみで実施されました。
 清掃活動の実施団体の一つ「住民参加の川づくり有志の会」代表の桑原則男さんは「長く活動を続けてきたことで、年々ごみの量も減少してきている。今後も継続して環境を守っていきたい」と話しました。

 

フォトグラフえべつに戻る

江別造園協会による市庁舎前庭の花壇整備に感謝状を授与

副市長と造園協会3名の写真

 6月4日(金曜日)、地域貢献活動として昭和63年から毎年、30年以上にわたって市庁舎前庭の花壇整備を行っている江別造園協会(佐々木一敏副会長)に対し、佐々木雄二副市長から感謝状が贈られました。

 佐々木副会長は、「地域の皆さんに喜んでもらうため、これからも地域貢献活動をしていきたい」と話し、佐々木副市長は、「33年の長期間にわたり花壇を整備していただき大変感謝しています。市役所や市民会館を訪れた方の和みになっています。」とお礼を述べました。

〇江別造園協会会員 4社 (五十音順)
 (株)サンコー緑化、(株)四宮造園、中央緑化土木(株)、(株)ニュークリーン興業

 

フォトグラフえべつに戻る

江別造園協会が市庁舎前庭の花壇に花植え

副市長と作業員の記念写真 花壇の作業中

 6月2日(水曜日)、市役所本庁舎の前庭にある花壇で、江別造園協会による1,000株の花植えが行われました。
 この活動は、道行く人々に色鮮やかな花々を楽しんでもらおうと、昭和63年から毎年行われています。
 今年はつぼみ状態でこれからが開花となるものもありますが、ご来庁の際には、花壇を彩るきれいな花を、是非、お楽しみください。

 〇江別造園協会会員 4社 (五十音順)
  (株)サンコー緑化、(株)四宮造園、中央緑化土木(株)、(株)ニュークリーン興業

 

フォトグラフえべつに戻る

江別市消防団辞令交付式

消防団辞令交付式1 消防団辞令交付式2

 6月1日(火曜日)、消防本部で、江別市消防団辞令交付式が行われました。

 今年度は、新たに男性2名と女性1名が入団し、消防団の総員は183名となります。
 消防団員は、本業を持ちながら、自分の住む地域の分団に所属して、火災などの災害が発生した際に消防活動に従事するほか、予防・警戒活動など地域と連携した活動を行っています。また、女性団員は、高齢者宅を訪問する防火指導や防火PRのほか、応急手当普及啓発などの活動を担っています。

 新入団員の代表は、「憲法、法律を擁護し、法令、条例を遵守し、偏見を避け何人をも恐れず忠実に消防業務を遂行する」と誓いました。
 丸山博幸消防団長から、「自らの地域は自らが守るという郷土愛護の理念と、住民の生命、財産を災害から守るという崇高な使命を持っており、地域の要として活躍されることを期待します」と訓示を受け、新入団員は表情を引き締めていました。

 

フォトグラフえべつに戻る

江別市に寄付をいただいた皆様のご紹介

もくじ

江別市環境整備事業協同組合

 

江別市環境整備事業協同組合

水辺の自然塾寄附

 6月10日(木曜日)、江別環境整備事業協同組合から、環境学習事業「水辺の自然塾」の実施に役立ててほしいと10万円の寄付がありました。同協会からの寄付は今年で8回目となります。

 

フォトグラフえべつに戻る

表敬訪問2021年6月分

もくじ