ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 医療 > 医療費助成 > 医療機関の皆さまへ(重度・ひとり親・子ども医療費助成事業の医療費請求方法について)

医療機関の皆さまへ(重度・ひとり親・子ども医療費助成事業の医療費請求方法について)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

 平成30年8月診療分から、北海道医療給付事業のレセプト併用化に伴い、江別市医療費助成事業(重度心身障がい者・ひとり親家庭等・乳幼児等(子ども))の医療費請求方法(医科・歯科・調剤・訪問看護)は、「紙」の請求書からレセプト請求へ変更します。
 受給者証に記載の公費負担者番号をレセプトに記載して、北海道国民健康保険団体連合会または社会保険診療報酬支払基金北海道支部へ提出してください。

レセプト併用化に伴う変更点(柔道整復以外)

江別市乳幼児等(子ども)医療費受給者証を適用できる医療機関の変更

 江別市乳幼児等(子ども)医療費受給者証を適用できる医療機関が、江別市内と協定を締結している一部の江別市外の医療機関から北海道内のすべての医療機関に拡大します。

国公費との併用について

 江別市医療費助成(重度心身障がい者・ひとり親家庭等・乳幼児等(子ども))の受給者証とすべての国公費負担医療の受給者証(特定医療費(指定難病)、小児慢性特定疾病など)の併用が可能となります。なお、国公費の方が優先されるため、国公費適用後の自己負担額が医療費助成の対象となります。

請求事務手数料について

 請求方法の変更(レセプト請求)により、医療機関における紙の「請求書」による請求事務がなくなることから、請求事務取扱手数料(1件あたり216円)は廃止となります。

請求の流れ

請求の流れ
※平成30年7月診療分以前の請求について
  平成30年7月診療分以前について月遅れ請求等をする場合は、従来どおりの請求書を用いて請求してください。なお、平成30年8月以降の診療分について、従来どおりの請求書を用いて請求された場合は、返戻されてしまいますのでご注意願います

江別市の公費負担者番号

制 度 公費負担者番号
江別市公費負担者番号
重度心身障がい者 47010178
ひとり親家庭等 95010179
乳幼児等(子ども) 92010172

※北海道保健福祉部長から示された公費負担者番号は、制度毎に3つ(北海道基準・北海道基準の上乗せ・市町村独自助成)ありますが、江別市では制度毎に1つの公費負担者番号のみ使用しますので、診療報酬明細書には上記の番号を記載してください。
※受給者番号につきましては、従来と変更ありません。
(参考)江別市医療費助成受給者証(表面・裏面)
江別受給者証重度心身(表面) [PDFファイル/45KB]
江別受給者証重度心身(裏面) [PDFファイル/56KB]
江別受給者証ひとり親(表面) [PDFファイル/45KB]
江別受給者証ひとり親(裏面) [PDFファイル/57KB]
江別受給者証子ども(表面) [PDFファイル/544KB]
江別受給者証子ども(裏面) [PDFファイル/907KB]

レセプト請求方法(例)

レセプト請求方法(例)
◎具体的なレセプト請求方法(作成・計算事例)のご不明点については、審査支払機関のホームページをご覧いただくか直接お問い合わせください。
 ○社会保険診療報酬支払基金北海道支部(電話:011-241-8191)
 http://www.ssk.or.jp/jigyonaiyo/chitan/jutaku/01_hokkaido.html
 ○北海道国民健康保険団体連合会(電話:011-231-5161)
 http://www.hokkaido-kokuhoren.or.jp/hotnews/category/4.html

柔道整復の請求について

 柔道整復については、平成30年8月診療分以降も請求方法は変わりませんので、従来どおり請求書を江別市役所へご提出ください。ただし、子ども医療については、様式が変更となりますので、下記のファイルをダウンロードのうえ請求書を作成してください。

子ども医療費請求書 [PDFファイル/50KB]
子ども医療費請求書 [Wordファイル/68KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。