ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

火災を防ぐために

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

いざという時あわてないてmに・・・身近な防災対策を

消防法の改正により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

たばこによる火災を防ぐ電気による火災を防ぐスト-ブからの火災を防ぐコンロからの火災を防ぐ放火による火災を防ぐ
イラスト:ライター、タバコ、灰皿に煙の出ているタバコイラスト:冷蔵庫にさしたコンセントから煙が出ている様子イラスト:ストーブにOffの文字と緑の服を着た女性イラスト:コンロにかけっぱなしにされたやかんの蓋が踊ってる様子イラスト:黒い服をきた男性がごみを持ち運んでいる様子
  • 寝たばこは絶対にしない。
  • たばこの吸殻をくずかごに捨てない。
  • 電気のコ-ドは家具等に踏まれてつぶれないようにする。
  • 傷んだり古くなったコ-ドは早めに交換する。
  • たこ足配線は絶対にしない。
  • 外出前や就寝時には、確実に火が消えたことを確認する。
  • ポータブルスト-ブに給油するときは、必ず火を消してから。
  • 点火・消火を必ず確かめる。
  • コンロから離れるときは必ず火を消す。
  • 家のまわりを整理整頓し、段ボ-ルやゴミ袋など燃えやすいものを置かない。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。