ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 生産性向上特別措置法に基づく固定資産税(償却資産)の特例措置について(地方税法附則第15条第47項)
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 地方税電子申告システム > 生産性向上特別措置法に基づく固定資産税(償却資産)の特例措置について(地方税法附則第15条第47項)

生産性向上特別措置法に基づく固定資産税(償却資産)の特例措置について(地方税法附則第15条第47項)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月9日更新

概要

 中小企業者等の一定の設備投資について、市町村の判断により固定資産税を2分の1からゼロの範囲で軽減することを可能とする特例措置です。

 江別市では、対象となる中小企業者等が市の認定を受けた先端設備等導入計画に基づき新規取得した機械・装置等の償却資産(特例の要件を満たすもの)について、新たに課税となる年度から3年間固定資産税の課税標準額をゼロにします。

 特例の要件、適用手続き等の詳細につきましては、以下のリンク先ページをご確認ください。

 江別市チラシ [PDFファイル/302KB]

 生産性向上特別措置法に基づく中小企業の設備投資の支援(先端設備等導入計画の認定)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。