ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境室環境課 > えべつ環境広場2018を開催しました(2019年は6月中旬を予定)

えべつ環境広場2018を開催しました(2019年は6月中旬を予定)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月8日更新

 例年、6月の環境月間に開催している「えべつ環境広場」を、今年度は6月16pp日(土曜日)~17日(日曜日)に野幌公民館で開催しました(主催:えべつ地球温暖化対策地域協議会 共催:江別市)。

 えべつ環境広場は、今年度で28回目となり、環境に関連した活動をしている団体や企業が集い、それぞれの活動について情報交換を行ったり、市民の皆さんと一緒に考えたりする場として開催してきました。今年度も2日間を通して、約670名の皆さんにご来場をいただきました。ご来場いただいた皆さん、運営に携わっていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 今年度は、「もっと、ずっと、eライフ」をサブテーマとして開催。「e」は、エコ、環境、経済、エネルギー、地球、そして江別の「e」でもあります。自分にとってのeライフを、ご来場の皆さんとともに考えました。

 会場にはおなじみのえべつ観光特使「えべチュン」と、北海道の環境イメージキャラクターで、ものをムダにしたり、自然を汚したりするとどこからともなくあらわれてチェックする環境忍者「えこ之助」も登場し、子どもたちに大人気でした。

  yuru1 yuru

【出展団体】

いもやこうの(江別市「まち」と「むら」の交流推進協議会)、江別市環境課、江別市水道部、江別市都市計画課、江別市廃棄物対策課、江別消費者協会、えべつ地球温暖化対策地域協議会、江別友の会、王子エフテックス株式会社江別工場、環境学習フォーラム北海道、コミュニティ・カフェ笑くぼ、市民活動センターあい、生活協同組合コープさっぽろエコセンター、生活クラブ生活協同組合江別支部、Dcmホーマック株式会社、道東電機株式会社 十勝サスティナブルテックサイト、日本Ccs調査株式会社苫小牧支所、パンダクラブ北海道、ひまわりの舎(江別市「まち」と「むら」の交流推進協議会)、フォーラム野幌の森、公益財団法人北海道環境財団、特定非営利活動法人Envision環境保全事務所、特定非営利活動法人北海道グリーンファンド、北海道情報大学渡部ゼミ、北海道野幌高等学校科学部、酪農学園大学環境共生学類環境GIS研究室(五十音順)

 

環境屋台村(ギャラリー)/パネル展示(ホール)

 環境屋台村及びホールの一部では、環境に関する活動に取り組む市民団体や学校、企業が催し物やパネル展示などで活動内容を紹介しました。

▼ギャラリー

 ↓ 環境屋台村の出展の様子         

 g1

 ↓ 野幌高校科学部                                   ↓ 北海道グリーンファンド                 ↓生活クラブ生活協同組合

 g2 g3 g4

 ↓ 江別友の会                     ↓ 日本Ccs調査株式会社            ↓ コープさっぽろエコセンター

 f g5 g7 

 ↓ 江別市廃棄物対策課               ↓ 江別市水道部                       ↓フォーラム野幌の森

 g8 g8 g10

▼ホール

 ↓ パンダクラブ北海道                ↓ 江別市都市計画課/環境課

 h1 h2

 

体験イベント

 各フロアでは市内企業・事業所などのご協力により、様々な体験イベントが開催されたほか、環境屋台村でも体験やゲームが行われ、子どもから大人まで、環境について楽しく学びました。

 ▼1階フロア

「不用品を使った手作りミニ体験会」(江別消費者協会) 「二酸化炭素はどんなもの?」(環境学習フォーラム北海道) 「クイズラリー/ちきゅうおんだんかってなあに?」(地球温暖化ふせぎ隊/えべつ出前環境学校) 「食材使い切りレシピ講習会」(江別友の会/江別市廃棄物対策課)

 ▼2階フロア

「せっけん生活キホンのキ」(生活クラブ生活協同組合江別支部) 「身近な生きものふれあい体験会」(Envision環境保全事務所) 紙すき体験」(王子エフテックス株式会社) 「カミネッコン・アート製作体験」(Dcmホーマック株式会社) 「エネゴン号実験教室」(北海道電力) 「太陽光発電実験」(道東電機株式会社) 「飛ばせ!きみだけの宇宙ロケット」(北海道情報大学渡部ゼミ) 「空から見た江別の変化をみてみよう!」(酪農学園大学GIS研究室 *平成30年度環境大臣表彰受賞プログラム)

 ↓ 不用品を使った手作りミニ体験会            ↓ 二酸化炭素はどんなもの?             ↓ 地球温暖化ふせぎ隊

 k1 co2 fusegi

 ↓ えべつ出前環境学校                     ↓ 食材使い切りレシピ講習会

 demae tukaikiri

 ↓ せっけん生活キホンのキ                   ↓ 身近な生きものふれあい体験会       ↓ 紙すき体験

 sope k2 ko 

 ↓ カミネッコン・アート                          ↓ エネゴン号実験教室                                   ↓ 太陽光発電実験

 mami ene doto

 ↓ 飛ばせ!きみだけの宇宙ロケット       ↓空から見た江別の変化を見てみよう (環境大臣表彰受賞プログラム)

 ro air1 air2

 

ホールでは、無料映画上映会・E-リズム体験会・eトーク・スタンプラリー抽選会などを開催!

【無料映画上映会】

 poo今年度の映画は、2017年度日本映画撮影監督協会 Jsc賞 受賞作品でもある「生きとし生けるもの」(今津秀邦監督)を上映しました。北海道を舞台にたくましく生きる動物たちを撮影したネイチャードキュメンタリーで、ヒグマ、タンチョウ、エゾナキウサギやキタキツネの親子など様々な動物のほか、サケの遡上など水中の生きもの、また昆虫の姿も鮮明にとらえています。作品の誘い人として映画の冒頭と最後に津川 雅彦さんのナレーションが入っていますが、それ以外は圧倒的な迫力の映像のみで、「自然」がありのままに表現されています。

 また、1回目と2回目の上映の合間に今津監督のスペシャルトークを開催。撮影の裏話や会場からの質問に気さくに答えていただいたほか、スタンプラリー抽選会では、景品として、直筆サインつきポスターと写真集をご提供いただきました。

 ↓ 映画上映会監督スペシャルトーク

 toal sA

【冷蔵庫はどれくらい電気を使っているの?モニター事業報告会】

 普段私たちが何気なく使っている冷蔵庫について、上手な使い方や買い替えるときのポイントなどをわかりすく解説していただきました。

【E-リズム体験会

 江別オリジナルのリズムエクササイズ「E-リズム」を、清水香菜美さん(E-リズム公認インストラクター)の指導で体験しました。

【eトーク「もっと、ずっと、eライフ ~ 持続可能な江別を目指して 2 ~」】

 持続可能な開発目標(Sdgs=Sustainable Development Goals)について、先進的な取り組みを実施している2人のパネラーに、活動内容の紹介や今後目指すべきものを解説していただき、持続可能な江別について、会場の皆さんとともに考えました。さらに、今回初めて講演に手話通訳を依頼することで、「誰一人取り残さない」Sdgsの目的にかなうような取り組みを実践しました。

 ▽パネラー

     生活協同組合コープさっぽろ   組織本部  鈴木 昭徳 氏

     Rce北海道道央圏協議会      事務局長  有坂 美紀 氏

 

 ↓冷蔵庫モニター事業報告会            ↓ E-リズム体験会                                         ↓ eトーク「もっと、ずっと、eライフ」

 moi er et

【水素自動車展示】

 今年のえべつ環境広場には、北海道環境生活部環境局の出展で燃料電池車(水素自動車 トヨタ Mirai)の展示ブースが玄関前に登場しました。実際に運転席に座ったり、ボンネットを開けて内部構造を見学したりと、次世代の車に注目が集まっていました。

【こむぎ粘土でつくってみよう!】

 毎年、道産小麦と天然の色を使って手づくりした「こむぎ粘土」は大人気で、小さいお子さんから大人までたくさんの方が、素敵な作品、ユニークな作品を作っています。

 各出展ブースを回ってスタンプカードにスタンプをもらうと参加できる「スタンプラリー抽選会」も開催しました。今年も、さまざまな企業、団体様から景品をご提供いただきました。

 

 ↓ 水素自動車展示                                    ↓ こむぎ粘土でつくってみよう!                         ↓ 毎年好評のスタンプラリー抽選会

 fcv nd tyu

昼食・軽食・販売

 16日は「コミュニティ・カフェ笑くぼ」、17日は「江別友の会」が出展し、パンや手作りのおいしいカレーセットなどが提供されました。カレーを食べ終わったあとのお皿は、食器の洗浄に使う水や洗剤を最小限に抑えるため、古布で汚れを拭くという方法を採用。また、軽食も、使い捨て容器の使用をできるだけ控えたものを提供しました。

 eku kare- 

 また、地産地消や消費者と生産者の交流推進を目的に活動している江別市「まち」と「むら」の交流推進協議会から「ひまわりの舎」「いもやこうの」が出展し、身体にやさしいジャムや自家生産のサツマイモで作った干しやきいもを販売しました。

 himawari kouno

       (ひまわりの舎)                      (いもやこうの)

 

2019年は6月中旬(土曜日・日曜日)に開催予定です!

 第29回のえべつ環境広場は、2019年6月中旬の土曜日・日曜日に野幌公民館で開催する予定です。映画の無料上映会や、大好評のスタンプラリー抽選会も予定しています。お楽しみに!