ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境室環境課 > えべつ環境広場2017を開催しました(平成30年は6月16日~17日を予定)

えべつ環境広場2017を開催しました(平成30年は6月16日~17日を予定)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月20日更新

 毎年、6月の環境月間に開催している「えべつ環境広場」。今年度は6月17日(土曜日)~18日(日曜日)に野幌公民館で開催しました(主催:えべつ地球温暖化対策地域協議会 共催:江別市)。

 えべつ環境広場は、今年度で27回目。環境に関連した活動をしている団体や企業が集い、環境について情報交換を行ったり、市民の皆様と一緒に考えたりする場として開催してきました。今年度も2日間を通して、約650名の皆様にご来場をいただきました。ご来場いただいた皆様、運営に携わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 今年度は、「もっと、もっと、eライフ」をサブテーマとして開催。「e」は、エコ、環境、経済、エネルギー、地球、そして江別の「e」でもあります。自分にとってのeライフを、ご来場の皆様とともに考えました。

【出展団体】

江別市環境課、江別市水道部、江別市都市計画課、江別市廃棄物対策課、江別消費者協会、えべつ地球温暖化対策地域協議会、江別友の会、王子エフテックス株式会社江別工場、コミュニティ・カフェ笑くぼ、市民活動センターあい、生活クラブ生活協同組合江別支部、道東電機株式会社 十勝サスティナブルテックサイト、日本CCS調査株式会社苫小牧支所、パンダクラブ北海道、ひまわりの舎(江別市「まち」と「むら」の交流推進協議会)、フォーラム野幌の森、公益財団法人北海道環境財団、特定非営利活動法人北海道グリーンファンド、北海道外来カエル対策ネットワーク(構成団体:北海道、札幌市、石狩市、NPO法人EnVision環境保全事務所、(公財)札幌市公園緑化協会、酪農学園大学)、北海道情報大学渡部ゼミ、北海道野幌高等学校科学部、酪農学園大学環境共生学類環境GIS研究室(五十音順)

環境問題屋台村

 環境問題屋台村では、環境に関する活動に取り組む市民団体や学校、企業がパネル展示などで活動内容を紹介しました。

↓ギャラリーの出展の様子               ↓風力発電に挑戦!                 ↓環境整備活動の紹介(野幌高校科学部)

ギャラリーの出展の様子風力発電に挑戦環境整備活動の紹介(野幌高校科学部)

体験イベント

 「生ごみ堆肥化講習会」「紙すき体験」「空から見た江別の変化を見てみよう」「スーパーバウンドロケットチャレンジ」「地球温暖化ふせぎ隊による楽しいゲームの数々」「エネゴン号実験教室」「太陽光発電博士になろう!」などが開催されたほか、「食材使いきりレシピ講習会」や、屋台村でも体験やゲームが行われており、子どもから大人までが楽しく学びました。

↓生ごみ堆肥化講習会                    ↓紙すき体験                     ↓空から見た江別の変化を見てみよう

生ごみ堆肥化講習会紙すき体験空から見た江別の変化を見てみよう

↓スーパーバウンドロケットチャレンジ        ↓地球温暖化ふせぎ隊                                 ↓エネゴン号実験教室、太陽光発電博士になろう!

スーパーバウンドロケットチャレンジ地球温暖化対策ふせぎ隊手前:エネゴン号実験教室、奥:太陽光発電博士になろう!

ホールでは、無料映画上映会・E-リズム体験会・eトーク・イベント・スタンプラリー抽選会などを開催!

【無料映画上映会】

 映画は、今回は「カレーライスを一から作る」を上映。武蔵野美術大学の関野吉晴教授とゼミ生が、土を耕し、鳥をヒナから育てることから材料づくりを始めて、カレーを作りあげるまでの9か月間のドキュメントでした。1回目と2回目の上映の間には、映画に関連したスペシャルトーク「江別の農村が創る未来と大規模農業の影響」を、株式会社アグリ&コミュニティサポート総合研究所の小西 穣(こにし みのる)さんに行っていただきました。

【E-リズム体験会

 江別オリジナルのリズムエクササイズ「E-リズム」を、清水香菜美さん(E-リズム公認インストラクター)の指導で体験しました。

【eトーク「もっと、ずっと、eライフ」】

 持続可能な社会の実現を目指して江別で活動している3人のパネラーの活動と、それぞれが目指すものを紹介していただき、持続可能な江別について、会場の皆様とともに考えました。

【フラワーソン】

 今年のえべつ環境広場は、5年に1度北海道全域で野の花の一斉調査をする「北海道フラワーソン」の日程とちょうど重なっており、えべつ環境広場でも19名が参加して、野幌公民館から湯川公園の調査を行いました。

【こむぎ粘土でつくってみよう!】

 毎年、道産小麦と天然の色を使って手づくりした「こむぎ粘土」は大人気で、小さいお子さんから大人までたくさんの方が、素敵な作品、ユニークな作品を作っています。

 各出展ブースを回ってスタンプカードにスタンプをもらうと参加できる「スタンプラリー抽選会」も開催しました。今年も、さまざまな企業、団体様から景品をご提供いただきました。

↓スペシャルトーク                     ↓E-リズム体験会                                           ↓eトーク「もっと、ずっと、eライフ」

スペシャルトークE-リズム体験会e-トーク もっと、ずっと、e-ライフ

↓フラワーソン                                                      ↓こむぎ粘土でつくってみよう!                        ↓毎年好評のスタンプラリー抽選会

フラワーソンこむぎ粘土でつくってみようスタンプラリー抽選会

昼食・軽食

 17日は「コミュニティ・カフェ笑くぼ」、18日は「江別友の会」が出展し、パンや手作りのおいしいカレーセットなどが提供されました。カレーを食べ終わったあとのお皿は、食器の洗浄に使う水や洗剤を最小限に抑えるため、古布で汚れを拭くという方法を採用。また、軽食も、使い捨て容器の使用をできるだけ控えたものを提供しました。

平成30年は6月16日(土曜日)・17日(日曜日)に開催します!

 第28回のえべつ環境広場は、平成30年6月16日(土曜日)~17日(日曜日)に野幌公民館で開催する予定です。映画の無料上映会や、大好評のスタンプラリー抽選会も予定しています。お楽しみに!