ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

グリーン購入とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

「環境マネジメントシステム」のすすめ

 私たちの生活は、大量生産・大量消費・大量廃棄の社会経済システムにより、豊かで便利な生活をもたらしましたが、一方で、地球温暖化やごみ排出量の増加などの環境問題が生じています。

 グリーン購入は、製品やサービスを購入する際に、購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境のことを考え、環境負荷ができるだけ少ない商品やサービスを選択することです。

 日常の買い物や職場で事務用品などを購入するときに、「グリーン購入」を実践することで、ライフスタイルを環境にやさしいものに変えていくだけでなく、商品を供給する側の企業に対して、環境負荷の少ない商品の開発を促すことになります。

グリーン購入推進の取組み紹介

写真 グリーン購入法適合商品展示コーナー グリーン購入を推進するための取組みとして、「グリーン購入法適合商品展示コーナー」を常設し、「地球にやさしい商品選択」を呼びかけている販売店が市内にあります。

 あなたもグリーン購入のポイントを参考にして、「地球にやさしい商品選択」を実践してみませんか?

グリーン購入のポイント

  • 環境や人の健康に害を与えるおそれがあるような物質をできるだけ使わない商品や地球温暖化を招く物質をできるだけ発生させない商品を選びましょう。
  • 限りある資源を守り、次世代に引き継ぐため、資源やエネルギーの消費が少ない商品を選びましょう。
  • ごみの排出量を少なくするため、修理や部品交換がしやすい商品や繰り返して使える
    (再使用)商品を選びましょう。
  • 再使用することが難しい商品は、それを原料化することでリサイクルができることから、リサイクルしやすい材料や構造になっている商品を選びましょう。
  • 集めた資源を新たな商品に使うことでリサイクルが成り立つことから、再生品を使った商品を選びしましょう。
  • 使い終わった後の処理のことを考えて、焼却や埋め立て処理する際に、配慮された商品を選びましょう。