ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公害防止関係の対象施設の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

ばい煙発生施設

(大気汚染防止法施行令(昭和43年政令第329号)第2条に規定する施設に該当するものを除く。) 

区分対象施設規模
1ボイラー(熱風ボイラーを含み、熱源として電気又は廃熱のみを使用するものを除く。)伝熱面積が5平米以上10平米未満のものに限る。
2

燃料を使用する施設(熱源として電気を使用するものを除く。)であって次に掲げるもの

  1. 加熱炉
  2. 溶融炉
  3. 直火炉
  4. 乾燥炉
 燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり25L以上50未満であるか、火格子面積が0.5平米以上1平米未満であるか、または羽口面断面積が0.25平米以上0.5平米未満のものに限る。
3廃棄物焼却炉火格子面積が1平米以上2平米未満であるか、または焼却能力が1時間当たり100kg以上200kg未満のものに限る。

粉じん発生施設

区分対象施設規模
1鉱物(コークスを含む。)または土石の堆積場 面積が500平米以上1,000平米未満のものに限る。
2

石材加工の用に供する施設であって次に掲げるもの

  1. 切削機
  2. 研摩機
  3. ブラス
 原動機の定格出力が、2.25キロワット以上のものに限る。
3

木材加工の用に供する施設であって次に掲げるもの

  1. 帯のこ盤
  2. 丸のこ盤
  3. かんな盤
 原動機の定格出力が、2.25キロワット以上のものに限る。

汚水等排出施設

区分対象施設規模
1自動車燃料小売業
及び自動車整備業の用に供する車両洗浄施設
原動機を用いる移動式洗車機に限る。
2し尿浄化槽 建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第32条第1項の表に規定する算定方法により算定した処理対象人員301人以上501人未満のものに限る。
3ガラス、またはガラス製品の製造業に用いる施設 
4写真製版に用いるジンク版洗浄施設 
5

石材加工の用に供する施設であって次に掲げるもの

  1. 切削機
  2. 研摩機
 固定式のものであって、原動機の定格出力が、2.25キロワット以上のものに限る。

騒音発生施設

区分対象施設規模
1

金属加工の用に供する施設であって次に掲げるもの

  1. 旋盤
  2. 平削盤
  3. 形削盤
  4. 高速切断機
  5. 研摩機
原動機の定格出力が、3.75キロワット以上のものに限る。
2

木材加工の用に供する施設であって次に掲げるもの

  1. 帯のこ盤
  2. 丸のこ盤
原動機の定格出力が製材用のものにあっては、7.5キロワット以上15キロワット未満、木工用のものにあっては、0.75キロワット以上2.25キロワット未満のものに限る。
  3. かんな盤原動機の定格出力が、0.75キロワット以上2.25キロワット未満のものに限る。
3

石材加工の用に供する施設であって次に掲げるもの

  1. 切削機
  2. 研摩機
原動機の定格出力が、2.25キロワット以上のものに限る。
4空気圧縮機及び送風機原動機の定格出力が、2.25キロワット以上7.5キロワット未満のものに限る。
5

騒音規制法(昭和43年法律第98号)第3条第1項に基づく指定区域(第4種区域を除く。)であって、工場等の敷地内で行う作業の内、次に掲げる機械のいずれかを使用するものに限る。

  1. チェーンソー
  2. フォークリフト
  3. ブルドーザー
  4. 発電機
  5. クレーン車

悪臭発生施設

区分対象施設規模
1動物の飼養または収容の用に供する施設都市計画法(昭和43年法律第100号)第7条に規定する市街化区域にあっては、豚5頭以上、鶏50羽以上又は牛5頭以上、市街化調整区域にあっては、豚20頭以上、鶏500羽以上又は牛10頭以上を飼養し、又は収容し得る施設に限る。
2肥料の製造の用に供する鶏ふん乾燥施設
3化製場の用に供する施設であって次に掲げるもの
(1)皮革造施設、(2)油脂製造施設、(3)にかわ製造施設、(4)血液処理施設、(5)羽毛処理施設
4と畜場の用に供する施設であって次に掲げるもの(1)解体施設、(2)汚物処理施設
5パルプ、紙または紙加工品の製造の用に供する蒸解施設(ブロータンクを含む。)
薬液回収施設及び廃液貯りゅう沈でん施設
6塗装製品の加工業の用に供する施設であって次に掲げるもの
(1)焼付施設、(2)スプレー施設
7ゴミ処理場の用に供する施設であって次に掲げるもの
(1)貯蔵施設、(2)汚物処理施設 
8下水道終末処理施設
9し尿処理施設

公害防除関係届出用紙等ダウンロードをご利用ください。