ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別障害者手当の申請手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 一定の要件(障がいの程度や所得状況)を満たしている20歳以上の在宅の方に支給する手当です。
 申請するために医師の診断書が必要です。この用紙は下記の担当窓口でお渡しします。
 手当は月額26,810円です(平成29年4月1日現在)。
 平成28年1月1日以降の申請には個人番号(マイナンバー)が必要となります。

受付窓口など

 福祉課障がい福祉係(本庁舎西棟1階)
 電話:011-381-1031
 ファクス:011-381-1073

受付の曜日・時間帯

 月曜日~金曜日の8時45分~17時15分(祝祭日と年末年始の閉庁期間を除く)

提出・お持ちいただくもの

  1. 本人と配偶者もしくは扶養義務者の所得証明書(申請時期によって必要な証明の年度区分が異なります。事前に担当まで問い合わせをしてください)
    ※障害年金、遺族年金などの非課税収入がある場合には、受け取り金額のわかる書類も提出してください。
  2. 戸籍全部事項証明(戸籍謄本)1通
  3. 診断書(所定の様式)
  4. 手帳(身障・療育・精神の所持者のみ)
  5. 本人の「個人番号カード」又は「番号通知カード」
  6. 本人の身元確認書類(運転免許証・健康保険証等。事前に担当まで問い合わせをしてください)
  7. 本人名義の預金口座の分かるもの
  8. 印鑑

代理人の届出

 可能です。
 本人以外の方が申請書に記入し提出する場合、下記のものが必要となります。

  1. 代理人の身元確認書類(運転免許証等の顔写真つきのもの)
  2. 委任状

委任状 [PDFファイル/64KB]

その他

  • 本人と配偶者もしくは扶養義務者の所得証明書は確定申告の写しや市民税・道民税の通知書の写しがあれば証明書をとる必要はありません。
  • 障がいの程度や所得状況で対象にならない場合がありますので、事前に担当まで問い合わせをしてください。

関連する制度

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。