ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第4次江別市農業振興計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月9日更新

 前計画の第3次江別市農業振興計画では、農業経営の安定化や農村環境づくりなどにより、農業の基礎部分の強化を推進してきました。また、消費者や市場から近距離にあり、農畜産物の種類や経営が多様であることに加え、小麦「ハルユタカ」の活用など他産業との連携が進む江別市の特性を活かして、安全・安心で多様な農畜産物や加工品の供給を拡大し、「食」を中心とした市内経済の活性化に寄与することを目指してきました。
 近年では、市内における江別産農畜産物の販売も身近となり、食材として使用する飲食店や加工品開発の事例も見られるなど、江別市の農業は、市民生活や地域経済にも浸透しつつあります。さらに、今後は、農業が持つ多様な機能や魅力が、観光振興などに寄与することも期待されています。
 しかし、その一方で、市場開放に伴う国内農業への影響が懸念されるほか、多様な生産活動を支える農業労働力の不足や、農業生産基盤の老朽化、鳥獣による農業被害なども引き続き課題となっており、各種施策の推進により、江別市の農業の特徴でもある多品種で高品質な農畜産物の生産体制を支援していく必要があります。
 そのため、江別市では、これまでの農業振興施策を踏まえつつ、農業を取り巻く環境の変化にも対応していくため、第4次江別市農業振興計画(計画期間:2019年度から2023年度までの5年間)を策定しました。

 

第4次江別市農業振興計画 [PDFファイル/1.11MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。