ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 行政改革 > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月24日更新

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは?

 企業が地方公共団体による地方創生プロジェクトに寄附した場合、現行の損金算入措置に加え、法人住民税などの税控除の優遇措置により、寄附額の約6割を軽減する新しい制度です。

 ◆地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)活用の手引き◆
  
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/pdf/furusato23tebiki.pdf
  (内閣府地方創生推進事務局へのリンク)

 

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附を募集しています!

 江別市では、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用して平成27年10月に策定した「江別市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる取組の更なる推進を図っていきたいと考えており、企業の皆様に賛同いただけるような魅力ある事業の検討を進めています。

 「江別市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けられた取組にご協力いただける企業の皆様におかれましては、当該制度の活用をご検討いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 ◆江別市まち・ひと・しごと創生総合戦略◆
  江別市まち・ひと・しごと創生総合戦略 [PDFファイル/1.96MB]

 

江別市まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本目標及び基本的方向

 人口減少・少子高齢化の克服に向け策定した「江別市まち・ひと・しごと創生 総合戦略」では、基本目標と具体的施策を次のとおり定めています。

基本目標具体的施策
 
1 しごとをつくり、安心して働けるようにする(1)産業間連携等による産業の活性化
(2)農業と第2次産業・第3次産業との連携による広域的な展開
(3)雇用の創出と人材育成の支援
2 えべつへの新しい人の流れをつくる(1)大学が活躍するまちづくり
(2)地域資源の活用による観光の振興
(3)ニーズに合わせた効果的な情報発信
3 若い世代の結婚・出産・子育てを支援する(1)社会全体で子どもを産み育てる環境づくり
4 時代に合った地域をつくり、安心な暮らしと健康を守るとともに、地域と地域を連携する(1)駅を中心とした暮らしやすいまちづくり
(2)多様な主体が協働するまちづくり

 

江別市が寄附を募集する事業分野及び内容の一例

事業分野内容

イメージ

 
健康

 

 江別市民一人ひとりが、生涯を通じて健康で心豊かに暮らせるよう、食育の充実と食生活の改善を進めているほか、市民・行政・関係機関等が一体となって健康づくりへの取組を進めています。

【基本目標 4-(1)-4】

【掲載用】健康
子育て環境

 江別市の人口は、平成28年度に9年ぶりに社会増となり、今後も子育て世代の転入が想定されます。安心して子どもを産み育てることができるように、待機児童の解消などの子育て支援事業を進めています。

【基本目標 3-(1)】

子育て環境
教育環境

 情報教育の取組を進めており、教育用コンピューターや電子黒板、デジタル教科書などを導入しているほか、市内のモデル校に、タブレットパソコンや無線LANなどの新たなICT環境を整備し、確かな学力の定着と向上を図っています。

【基本目標 3-(1)-2】

教育環境
公共交通

 暮らしの利便性や快適性を確保し、市民生活を支える基盤として必要な市内バス路線を持続可能なものとするため、路線再編に取り組んでいます。
 また、快適にバスを利用いただけるような環境整備の取組も進めています。

【基本目標 4-(1)-2】

交通環境

大学連携

 江別市の社会資源である大学との連携により、地域の活性化や地域課題の解決を図っているほか、大学生が行う自主的な取組、地域住民とのふれあいやまちづくりへも支援を行っています。

【基本目標 2-(1)】

大学連携

 

寄附のご相談・お問い合わせ

 ご不明な点がありましたら、下記の担当までお問い合わせください。
 また、企業の皆様のご要望やお考えなどもお伺いしながら、より良い事業を展開してまいりますので、具体的な寄附対象がお決まりでない場合でも、お気軽にご連絡ください。

 

留意事項

 ・江別市に本社が所在する企業(※)は対象外となります。
  ※地方税法における主たる事務所及び事業所

 ・1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。

 ・寄附企業へ経済的な利益を供与することは禁止されています。
  (市からの補助金の交付、低金利の貸付、入札の便宜など)

 ・本制度の対象期間は、平成31年度までです。        

                                                                                                                                    

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。