ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 納税方法 > 納税の相談【新型コロナ対応】

納税の相談【新型コロナ対応】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月21日更新

新型コロナウイルス感染症拡大防止について(電話相談のお願い)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止及び皆様の安全確保の観点から、納税相談は、可能な限り電話による相談をお願いいたします。 
 皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

夜間・日曜納税窓口を開設しています

 仕事などの都合で、開庁時間内に市税の納付や納付の相談などができない方は、夜間や日曜日に納税相談窓口を開設していますので、ご利用ください。
 詳しくは、夜間・日曜納税窓口のページをご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

 地方税法等の一部を改正する法律の施行により、新型コロナウイルス感染症に係る徴収猶予の特例が制度化されました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、一定の要件に該当する場合、徴収猶予の特例を申請することにより、1年間に限り市税の徴収の猶予を受けることができるようになります。
 担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。
 令和2年6月30日(関係法令の施行から2か月後)、または納期限(納期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに申請が必要です。申請を検討している方はお早目に納税課へご相談ください。

徴収猶予特例制度のご案内 [PDFファイル/331KB]

 

・特例制度を受けるための要件

 次の1、2をいずれも満たす方が対象です。
  1 事業等(事業売上、給与収入等)に係る収入が相当程度減少
    新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2 一時に納税を行うことが困難であること

 

・申請の手続き

 提出する書類(猶予申請する税額が100万円以下の場合
  徴収猶予特例申請書 [PDFファイル/572KB]
  財産収支状況書 [PDFファイル/148KB]
  事業収入の減少等の事実があることを証する書類(売上帳、給与明細、預金通帳など)
  一時に納付が困難であることを証する書類(預金通帳、現金出納帳など)

 提出する書類(猶予申請する税額が100万円を超える場合
  徴収猶予特例申請書 [PDFファイル/572KB]
  財産目録 [PDFファイル/143KB]
  収支明細書 [PDFファイル/147KB]
  事業収入の減少等の事実があることを証する書類(売上帳、給与明細、預金通帳など)
  一時に納付が困難であることを証する書類(預金通帳、現金出納帳など)

 

・記載方法等

  徴収猶予の特例制度の申請について [PDFファイル/223KB]
  徴収猶予特例申請書(記入例) [PDFファイル/615KB]
  徴収猶予特例申請書(記入例・説明付) [PDFファイル/779KB]

 

・申請方法

   郵送、窓口、eLTAXのいずれか
  eLTAXでの申請については、地方税共同機構のホームページをご確認ください。

 

・提出先

  江別市総務部財務室納税課
  〒067-8674 北海道江別市高砂町6番地  電話011-381-1013

 

納税の猶予制度について

 税金は定められた納期限までに納めなければなりませんが、特別な理由により市税を一時に納付できないと認められる場合には、原則1年以内の期間で納税を猶予する制度が設けられています。
 その他、詳細については江別市役所納税課(011-381-1013)までお問い合わせください。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。