ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 企画課 > 大学連携 学生地域活動支援事業(平成28年度)

大学連携 学生地域活動支援事業(平成28年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

平成28年度 江別市大学連携学生地域活動支援事業補助金採択事業

 今年度は6件の応募があり、選考の結果採択されました。

 なお、採択事業につきましては、市の関係部局と協力のうえ活動していただきます。

 北翔大学 子どもいきいきプロジェクト    北翔大学 石塚ゼミプロジェクトチーム 52,500円

 発達障害のある幼児・児童を対象とした余暇活動支援を、大学の専門教員の指導のもと保育・教育を志す学生が中心となり行うことで、児童とその家族が社会に出て、自身の可能性を高めることを支援する活動。

イメージ画像

 札幌学院大学学生による友好都市「土佐市」との交流活性化事業    札幌学院大学学生有志による交流活性化プロジェクト 52,000円

 江別市の大学生が、実際に土佐市を訪れ、土佐市の文化や産業、江別市との交流関係について調査を行い、結果を発表・報告することで、友好都市関係にある両市の交流の活性化を図るための活動。

土佐市 交流

 大麻銀座商店街を核としたコミュニティづくり活動   札幌学院大学 人文学部 人間科学科 内田ゼミ 51,000円

 商店街が持っている地域コミュニティ形成のための潜在力に着目し、市内大学で学ぶ大学生がコーディネーターとなり、地域を紹介するチラシの作成やイベント等を開催し、地域活性化を支援する活動。          

イメージ画像

 

地域とつながる地域資源の活用     ビジネスワークショッププロジェクト 52,500円

 大学生が主体となり、北翔大学内の北翔ショップに江別アンテナショップとしての機能を持たせ、江別で生産される特産品を市民や学生、教職員に提供することで、地域資源活用による地域と大学連携の仕組み構築を図る活動。

江別特産物

北翔大学 音楽療育活動    北翔大学幼児教育コース 伏見ゼミ 52,000円

 障がいのある子どもたちが、様々な体験を通して社会性を身につけることを目的に、保育士を目指す学生が、心身の癒しや治療、療育に用いられている音楽療法を実施する活動。

音楽療法

動物愛護フェスティバルinえべつ2016におけるドッグラン開放    RGU ドッグラン運営委員会 40,000円

 地域の愛犬家が利用できるドッグランを、「動物愛護フェスティバルinえべつ」開催時に酪農学園大学のキャンパス内に簡易設置することで、飼い主同士の「憩いの場」を提供する活動。

イメージ画像

 

 

参考

募集について

平成28年3月29日(火曜日)~平成28年7月8日(金曜日)

応募件数6件  補助金交付決定額 300,000円

採択事業の選考方法

 応募のあった事業については、庁内で評価選考を行い採択を決定。 選考決定の方法は次の(a)と(b)による。

(a)各事業の評価採点

 企画政策部および調査研究のテーマを所管する部の部長職・次長職・課長職により、次の(ア)から(オ)までの採点項目を5段階で評価し採点。

採点項目説明
(ア)課題認識地域課題、市民ニーズに合ったものか。
(イ)公益性市民や地域の課題解決、改善等に幅広く貢献するものであるか。
(ウ)創造性・独創性新たな視点、着眼点に基づくものか。今まで江別で行われていない試み、または今までの試みを展開するものであるか。
(エ)実現性市民や地域の課題等に活用できる実現可能性の高いものか。実現のための手法等は適切か。
(オ)効果活動による市民や地域への広がり、影響性があるか。

 

(b)交付事業決定

 (a)による評価採点をもとに、交付事業を決定。