ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特定随意契約制度(予定と結果)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月13日更新

特定随意契約の主旨

 物品の購入や役務の提供に係る随意契約のうち、特定の相手方と締結するものを、特定随意契約といいます。

種類

 具体的には、次のような場合が該当します。

 1 次の福祉関係施設(若しくはこれらに準ずる者として市長の認定を受けた者)で製作された物品を買い入れる場合
  2 次の福祉関係施設(若しくはこれらに準ずる者として市長の認定を受けた者)から役務の提供を受ける場合 

   (1)  障害者支援施設
   (2) 地域活動支援センター
   (3) 障害福祉サービス事業を行う施設
   (4) 小規模作業所(障害者の作業活動用) 

 3 シルバー人材センター連合若しくはシルバー人材センター(若しくはこれらに準ずる者として市長の認定を受けた者)  から役務の提供を受ける場合

 4 母子福祉団体(若しくはこれらに準ずる者として市長の認定を受けた者)から役務の提供を受ける場合
      (次の(1)と(2)を満たすとき)

   (1) この母子福祉団体の事業であること
   (2) その事業に使用される者が、主として次のいずれかであること
            ア 配偶者のない女子で、現在児童を扶養している者
            イ 寡婦の者

 5 市長の認定を受けた者が新商品として生産する物品を買い入れる場合

金額要件

 「種類」であげたもののうち、次の金額を超えるものを特定随意契約の対象としています。

  1 物品の購入 : 80万円
  2 役務の提供 : 50万円

平成29年度発注予定  (平成29年4月1日現在)

  平成29年度江別市特定随意契約発注予定一覧 [PDFファイル/61KB]

平成29年度契約結果

3月(長期継続契約)

4月

5月

6月

11月

平成28年度発注予定  (平成28年4月1日現在)

  平成28年度江別市特定随意契約発注予定一覧 [PDFファイル/76KB]

平成28年度契約結果

3月(長期継続契約)

4月

5月

6月

11月

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。