ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境室環境課 > E・Eこどもドリル授業を実施しました。

E・Eこどもドリル授業を実施しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月10日更新

 「E・Eこどもドリル」は身のまわりの電気やエネルギーについて、見たり、聞いたり、計ったり、調べたりする18のワークシートから成るもので、さまざまな学年に対応できる内容になっています。
 
 この「E・Eこどもドリル」の普及・活用を図るため、外部講師による出前授業を行っています。
 今年度は、11月12日(月)に市立大麻西小学校の6年生2クラスで、それぞれ1校時の授業を行いました。
 (講師:NPO法人北海道グリーンファンドの岡崎朱実さんほか計2名)

 <授業内容>
  ・ 「エネルギーの種別」や「発電の仕組み」などについての解説
  ・ テレビや掃除機などの家電の使用電力量についての「ワットモニター」を用いた計測
  ・ 節電のためにどのように行動すべきかを検討

 「節電」という身近な話題がテーマとなっていることもあり、生徒の皆さまは、興味を持って聴講しているようでした。

 
 <授業の様子>

  EE1 EE2
                    エネルギーに関する説明の様子

  EE3 EE4
                 ワットモニターを使用した使用電力量の計測

 

※ 「E・Eこどもドリル」は、「えべつ環境ハンドブック」3部作の一つです。
  また、環境課では、市内在住の方を対象に「ワットモニター」の貸出を行っております。
  「えべつ環境ハンドブック」・「ワットモニターの貸出」については、こちらのページの「環境学習教材など」をご覧ください。