ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 障がい者福祉 > 障害を理由とする差別の解消に関する法律(障害者差別解消法)について

障害を理由とする差別の解消に関する法律(障害者差別解消法)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

障害を理由とする差別の解消に関する法律(障害者差別解消法)について

 国連の「障害者の権利に関する条約」の締結に向けた国内法制度の整備の一環として、障害を理由とする差別の解消に関する法律(以下、「障害者差別解消法」と言います。)が制定されました。

障害者差別解消法とは?

 この法律は、障がいを理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項や、国の行政機関、地方公共団体等及び民間事業者における障がいを理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。

江別市における障がいを理由とする差別の解消の推進に関する職員の対応要領

 江別市では、障害者差別解消法第10条第1項に基づき、「江別市における障がいを理由とする差別の解消の推進に関する職員の対応要領」を策定しました。対応要領は、障がいのある方に対する「不当な差別的取扱いの禁止」及び「合理的配慮の提供」の基本的な考え方や、障がい種別ごとの対応のポイントについてまとめています。江別市職員は、対応要領に基づいて「障がいを理由とする差別」の解消に向けて取り組んでいきます。

障害者差別解消法をもっと詳しく知りたい方は

 障害者差別解消法についてもっと詳しく知りたい方は、内閣府の作成したホームページもご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。