ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公共汚水桝に関するご相談は

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 排水設備の設置または改築をしようとするとき、公共桝が「確認できない」または「設置されていない」場合はお問い合わせください。
 もし土地に公共汚水桝が設置されていない場合であっても、原則一宅地に一個、市において公共汚水桝を設置します。

 また、土地に元々入っている公共汚水桝があり、それが邪魔になり撤去・移設する場合は自己負担(土地建物などの所有者、使用者または占用者)にて工事を行うことになります。

 次に無落雪屋根や融雪槽からの宅内の雨水排水ですが、もしそれらの排水を公共下水道の雨水管に流す場合は公共雨水桝が必要になります。
なお、公共雨水桝の設置は自己負担となります。
宅内の雨水排水を公共下水道の雨水管に流さず、道路集水桝や道路側溝及びトラフのような公共下水道以外の施設に流す場合は、各施設の管理者にご相談下さい。

「公共桝」の見分け方

  桝には「公共桝(市所有管理)」と「私設桝(個人財産)」とがあります。
  公共桝には、一般に「コンクリート桝」と「塩ビ桝」の2種類があります。蓋に「江」または「公下」と刻印がありますが、古いタイプのものには刻印がないものもあります。
公共桝の設置場所は、通常は道路と宅地の境界付近に設置されています。

塩ビ桝
塩ビ桝イラスト

コンクリート桝
コンクリート桝イラスト

排水設備と公共下水道の区分はこちらの「下水道が詰まったとき」ページをご覧ください。

公共桝やその周辺が次のような状態になっている場合には、ご連絡ください。

  • 公共桝が壊れている
  • 公共桝のまわりが陥没している
  • 公共桝が飛び出している

※注意!
宅地の切り盛りなどの原因による修繕費用は、原因者負担が原則となっています。