ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

グリーストラップ(油分離槽)の設置と管理について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月26日更新

 下水道管の詰まりの多くは、汚水に含まれた油脂分(動植物油)が下水道管の内側で冷やされて固まり閉塞するものであり、                                                                      その原因のほとんどは、事業者(飲食店など)から流れ出てきた油脂分です。
 下水道法では、油脂分を下水道管に排水する事業者は、グリーストラップの設置を行うことになっています。
また、設置後も定期的に清掃しなければ本来の機能を発揮できません。
 
 清掃をしないとグリーストラップから下水道管に油脂分が流れ出て下水道管を詰まらせてしまい、
付近の住民の方にも迷惑をかけてしまいます。

 油脂分の詰まりによる下水道管の清掃とその処理費用は原因者の負担となります。
 グリーストラップを設置されている事業者の皆さまは、グリーストラップの適切な清掃を行うようお願いします。

グリーストラップの設置と管理について [PDFファイル/188KB]

公共下水道への排除基準 [PDFファイル/76KB]

  (マンホール内が詰まった状況)      (下水道管が詰まった状況)

マンホール内が詰まった状況写真  下水道管が詰まった状況写真

     ※白い固形物が、下水道管に流れ出て固まった油脂分です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。