ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

浄水場高度浄水処理施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新
 高度浄水処理施設は、「より安全で良質な水道水の供給」を目的に平成6年度に約10億円の事業費を投入して完成し、平成7年4月から稼働を開始しました。
 高度浄水処理施設は粉末活性炭注入施設、中間塩素混和施設、消石灰注入施設の主要三施設で構成されています。

高度浄水処理フローシート[PDFファイル/170KB]

粉末活性炭注入施設

粉末活性炭注入施設写真 粉末活性炭注入施設は、トリハロメタン生成の原因となるフミン質や水に異臭味をつける有機物を吸着除去するための施設です。

中間塩素混和施設

 中間塩素混和施設は、アンモニア態窒素を酸化除去するための施設ですが、高速沈殿池から出たきれいな上澄水に塩素を注入することによりトリハロメタンの生成が抑止されます。

消石灰注入施設

消石灰注入施設写真 消石灰注入施設は浄水処理のなかでpHを調整するための施設ですが、消石灰の主成分であるカルシウムが水にとけ硬度が高くなり天然水に近づきおいしい水になります。また配水管の内面に炭酸カルシウムの被膜が形成され腐食を防止します。

 当初の目的であったトリハロメタン濃度の低減はもとより、消石灰を注入することによって、水のうまみの指標となる硬度も改善されるなど、「水道水はおいしくなった」と好評を得ています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。