ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

江別市配水施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 江別市では、上江別浄水場からポンプにて圧送される地区のほかに、さまざまな配水施設から給水しています。また、これらの配水施設は、地震などの災害時に水道水を確保する役割を担っています。

豊幌ポンプ場

豊幌ポンプ場の写真 豊幌地区は上江別浄水場から遠く、水の使用量が増加すると水圧が低下するため昼間はポンプにより加圧し給水しています。

  • 配水池容量:900 立方メートル

江北ポンプ場

江北ポンプ場の写真 江北地区も豊幌地区同様に上江別浄水場から遠く、水の使用量が増加すると水圧が低下するため昼間はポンプにより加圧し給水しています。

  • 配水池容量:240 立方メートル

文京台ポンプ場

文京台ポンプ場の写真 文京台南町地区は高台のため水圧が低下するので、文京台配水池の水をポンプで加圧し給水しています。

  • 配水池容量:600 立方メートル

西野幌ポンプ場

西野幌ポンプ場の写真 漁川(いざりがわ)浄水場から送られてきた水をポンプで圧送します。
 ここから、西野幌地区に供給します。

  • 配水池容量:60 立方メートル

大麻高区配水池

大麻高区配水池の写真 漁川(いざりがわ)浄水場から送られてきた水を貯水します。
 ここから大麻地区や東西野幌地区、また、野幌若葉町、野幌東町、東野幌本町、東野幌町、緑ヶ丘、あさひが丘、上江別の一部へ自然流下で供給し、一部は大麻低区配水池へ送水します。

  • 配水池容量:7,900 立方メートル

大麻低区配水池

大麻低区配水池の写真 上江別浄水場から送られた水と大麻高区配水池からの水を貯水します。両系統の混合水として自然流下で野幌地区や元江別地区、角山地区などに供給します。

  • 配水池容量:4,600 立方メートル

 大麻低区配水池及び大麻高区配水池には地震などの災害時に貴重な水道水を確保するため、震度や配水管の折損による過流量を感知して、配水池内の水道水を流出させずに貯めておく緊急遮断弁が設置されています。