ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 商工労働課 > 【6月7月分】まん延防止等重点措置協力支援金(飲食店等向け支援金) ※申請受付を終了しました。

【6月7月分】まん延防止等重点措置協力支援金(飲食店等向け支援金) ※申請受付を終了しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

 令和3年(2021年)6月21日(月)から7月11日(日)までを期間とする国のまん延防止等重点措置の適用に伴い、北海道は札幌市を措置区域として感染防止対策を徹底することとしておりますが、江別市を含む石狩管内市町村(札幌市を除く)、小樽市、旭川市についても経過区域として飲食店等に対し営業時間短縮などの要請が行われています。
 市内対象事業者のうち、道からの要請に応じていただいた飲食店、喫茶店、カラオケ店、結婚式場等を管理する事業者の皆さんに協力支援金を支給します。

※まん延防止等重点措置協力支援金【6月7月分】の申請受付を終了しました。なお、令和3年9月1日(水)から、まん防止等重点措置協力支援金【8月分】の申請受付を開始しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

まん延防止等重点措置協力支援金(飲食店等)の申請について ※申請受付を終了しました。

 png

 申請の手引き(P1~9) [PDFファイル/470KB]

 png

 支給対象簡易フローチャート [PDFファイル/44KB]

対象施設

・飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店等(宅配・テイクアウトサービスを除く)

・キャバレー、カラオケボックス等で飲食店営業許可を受けている店舗

・飲食店営業許可を受けている結婚式場

※1 要請期間の前日(令和3年6月20日)時点で、「飲食店営業許可」または「喫茶店営業許可」を取得している施設が対象です。

※2 従来から21時までに閉店している施設は、本支援金の対象外となります。

要請内容

(1)営業時間は、5時から21時まで

(2)酒類の提供(利用者による酒類の店内持込みを含む)は、11時から20時まで

(3)感染防止対策の実施 (「申請の手引き」参照)

(4)「業種別ガイドライン」を遵守する

(5)飲食を主として業としている店舗等において、カラオケ設備の利用を行わない。

※ 従来から21時を超えて営業している場合は、営業時間を5時から21時までとし、かつ、酒類の提供(利用者による酒類の店内持込みを含む)を11時から20時までとした場合に限り、本支援金の対象となります。

要請期間

令和3年6月21日(月)から7月11日(日)まで

※ 遅くとも6月23日(水)からご協力いただくことが必要です。

支給金額

【中小企業・個人事業主】

25,000円 (1日あたり):2019年または2020年の6~7月の1日あたりの飲食業売上高が約83,333円以下の場合

26,000~75,000円 (1日あたり): 2019年または2020年の6~7月の1日あたりの飲食業売上高が83,334円以上250,000円以下の場合

最大200,000円(1日あたり):2019年または2020年の6~7月の1日あたりの飲食業売上高が250,001円以上の場合

【大企業】

1日あたりの売上高の減少額に応じて、最大200,000円 (1日あたり)

受付期間 ※受付は終了しています。

令和3年7月12日(月)から令和3年8月31日(火)まで【当日消印有効】

問合せ先

専用ダイヤル(北海道)

Tel: 011-350-7377

受付時間:8時45分~17時30分 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。