ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯に係る国民健康保険税の減免について
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 就職・退職 > 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯に係る国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯に係る国民健康保険税の減免について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月11日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯に係る国民健康保険税の減免について

 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯で、下記の要件に該当する場合、国民健康保険税(以下、「保険税」という。)が減免されます。

 ※減免される場合、令和3年度第1期(6月末納期限)の保険税額は変わらず、申請時期により第2期(7月末納期限)以降の保険税から反映されます。

減免の対象となる世帯および減免額

 保険税の減免額は、次の1または2のいずれかに該当する世帯について、それぞれの基準により算定します。

 (世帯の主たる生計維持者が年金収入のみの場合は、対象となりません。)

  減免対象者 減免額 必要書類
1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った世帯 全  額

国民健康保険税減免申請書 [PDFファイル/142KB]

国民健康保険税減免申請書【記載例】 [PDFファイル/135KB]

申請書に下記の書類を添付し郵送してください。

★口座確認書類(通帳またはキャッシュカードの金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)の記載部分)の写し【必須】※還付がある場合、口座振込になります。

★医師の診断書または措置入院の勧告書などの写し【必須】

・死亡の事実がわかるもの(死亡診断書など)の写し【該当する場合】

2

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下、「事業収入等」という。)が減少し、次の(1)から(3)のすべてに該当する世帯

(1)主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が、令和2年中の当該事業収入等の額の30%以上

(2)主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額が1,000万円以下

(3)減少した主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の令和2年中の所得の合計額が400万円以下

 

※所得金額には、国等から支給された各種給付金等(持続化給付金等)を含みません。

【ア】対象保険税額×【イ】減免の割合

 

【ア】対象保険税額=A×B/C
A:年間保険税額
B:主たる生計維持者の減少した事業収入等の令和2年中の所得額
C:主たる生計維持者および当該世帯に属するすべての被保険者の令和2年中の合計所得額

令和2年中の
合計所得金額
減免の割合
300万円以下 10分の10
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1,000万円以下 10分の2

※主たる生計維持者が事業を廃止または失業した場合、主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額にかかわらず、減免の割合は10分の10となります。

★非自発的失業者の保険税軽減制度の対象となる方は、前年の給与所得を100分の30とみなすことにより保険税の軽減を行うため、今回の減免の対象とはなりません。ただし、非自発的失業者の給与収入の減少に加えて、その他の事由による事業収入等の減少が見込まれる場合、今回の減免の対象となることがあります。詳しくはお問い合わせください。

国民健康保険税減免申請書 [PDFファイル/142KB]

国民健康保険税減免申請書【記載例】 [PDFファイル/135KB]

申請書に下記の書類を添付し郵送してください。
★口座確認書類(通帳またはキャッシュカードの金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)の記載部分)の写し【必須】】※還付がある場合、口座振込になります。


★主たる生計維持者および当該世帯に属するすべての被保険者の令和2年中の収入額、所得額がわかるもの(確定申告書、源泉徴収票など)の写し【必須】

・令和2年中に国等から支給された各種給付金等(持続化給付金等)を受けた場合は、支給されたことがわかる書類等【該当する場合】

 

(令和3年12月28日までの申請)
★主たる生計維持者の令和3年中の収入額がわかるもの令和3年1月から令和3年12月までの間で最も収入が減少した月とその前月の帳簿、給与明細、預金通帳など)の写し【必須】

(令和4年1月4日からの申請)
★主たる生計維持者の令和3年分の確定申告書や源泉徴収票の写し【必須】


・事業の廃止や失業の場合、その事実がわかるもの(廃業届出済証明書、雇用主からの失業証明書、離職票、雇用保険受給資格者証など)の写し【該当する場合】

・損害保険、傷病手当や休業手当等により補填されるべき金額がわかるもの(帳簿、保険契約書など)の写し【該当する場合】

 

減免の対象となる保険税

  令和3年度   令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限が設定されている保険税

 ※令和3年4月1日から令和4年3月31日までの納期に係る保険税の特別徴収分を含む。

申請方法(郵送推奨)

 申請書と必要書類を原則として郵送(または直接窓口に提出)してください。

 ※減免申請書の送付を希望される方は、ご連絡ください。

 ※新型コロナウイルス感染症の拡大防止および予防のため、郵送で申請くださいますようお願いいたします。

 【問合先】 国保年金課国保賦課係 011-381-1028

 【郵送先】 〒067-8674 江別市高砂町6番地 

        江別市役所 国保年金課国保賦課係 

減免決定通知書(または減免却下通知)

 申請をいただいてから1~2ケ月を目途に減免決定通知書(または減免却下通知書)を送付いたします。

その他

 ・令和3年度の保険税決定通知書がお手元に届く6月の中旬以降から申請を受け付けます。

 ・制度の詳細やご不明点等につきましては、お気軽に下記までお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。