ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境室環境課 > 令和3年度『環境経営普及セミナー』を開催しました

令和3年度『環境経営普及セミナー』を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月30日更新

市内事業者を対象に、環境に配慮した事業経営を推奨するセミナーを江別工業団地協同組合、江別商工会議所、酪農学園大学、江別市の共催による産学官連携事業として開催しています。

   今年度は、「気候変動は道内産業にどう影響するのか?」と題して、講演動画を3月11日(金)から1週間、YouTubeで配信しました。

講演「気候変動は道内産業にどう影響するのか?」 北海道立総合研究機構 エネルギー・環境・地質研究所 環境保全部 水環境保全グループ  研究主任 鈴木 啓明 氏
    1.気候変動とは?
            北海道での変化を中心に
    2.気候変動による影響
            北海道・江別の産業への影響を中心に
  3.気候変動にどう対応するのか?
            事業活動でも問われる「緩和と適応」

講演「求められるワインの価値」 山﨑ワイナリー(三笠市) 栽培担当 山﨑 太地 氏 
    1.ワインの価値基準で地域を見直すこと
            空知の気候に沿った葡萄栽培とワイン醸造
            三笠市達布の農村風景が感じられるようなワイン造り
    2.環境の変化にどう対応すべきか
            

セミナーのまとめ「環境問題と企業活動の関係について」 酪農学園大学食品生産システム研究室 教授 本田 康夫 氏

   各講演に共通していたことは、「『気候変動への適応を必要とする将来』を見据えた事業活動が重要」ということでした。 視聴者からは、「気候変動の仕組みを理解できた」、「講師の『地域の気候環境が詰まったワイン造りを大切にしている』という考えに共感」等の感想が寄せられました。 

 来年度も開催を予定しておりますので、是非ご参加ください。