ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康 > 健康維持・増進 > 例年以上に熱中症に気を付けましょう!

例年以上に熱中症に気を付けましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月29日更新

熱中症とは

 「熱中症」とは、熱が体内にこもった状態を指します。高温多湿な環境に長くいることにより、徐々に体内の水分やミネラルのバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなることが原因です。

 症状は、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感であり、重症化すると意識を失うこともあります。

 

今年は特に注意が必要!!(マスクの着用はどこまですればいい?)

 新型コロナウイルス感染症予防のため、市民のみなさまには「咳エチケット」としてのマスクの着用をお願いしておりますが、熱中症予防の観点から、マスク着用の考え方が見直されました。

マスク着用の注意点1

マスク着用の注意点2

 

 十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けましょう!


「新しい生活様式(コロナ禍)」における熱中症予防のポイント

1 暑さを避けましょう!
・通気性のある涼しい服装を選び、日傘や帽子で直射日光を避ける。
・少しでも体調が悪くなったら、涼しい室内や日陰へ移動する。
・室内では、扇風機やエアコンで温度管理をする。
・エアコン使用中も、窓とドアなど2か所を開けて換気する。

2 マスクの着用について工夫しましょう!
・屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合は、マスクをはずす。
・マスクを着用している場合は、強い負荷の作業や運動は避ける。

3 こまめに水分補給しましょう!
・のどが渇いていなくても、こまめな水分補給を心掛ける。
・1日あたり1.2リットル(コップ6杯)の補給を目安にする。
・大量に汗をかいた時は、塩分も補給する。

4 日頃から健康管理をしましょう!
・日頃から、体温測定などの健康チェックをする。
・体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養する。


高齢者、子ども、障がいをお持ちの方は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。
周囲の方々は、体調変化を気にかけ、積極的な声掛けをお願いします。

 

新しい生活様式の熱中症予防リーフレット

 

R3国の熱中症予防リーフレット [PDFファイル/581KB] 

 

熱中症が疑われる人を見かけたら

1 風通しのよい日陰などの涼しい場所へ避難させましょう。

2 衣服をゆるめ、からだを冷やしましょう。(特に首回り、脇の下、足の付け根など)

3 水分・塩分、または水に塩分とブドウ糖を溶かしたもの(経口補水液)を十分に補給しましょう。

 自力で水が飲めない、意識がない方がいる場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

 

厚生労働省:熱中症予防のための情報・資料サイトでは、多言語版のリーフレットや障がいをお持ちの方へ向けたリーフレット等もご覧になれます。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。