ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 土地・住宅 > 江別の顔づくり事業 > 江別の顔づくり事業 > 説明会・意見募集など > 説明会一覧 > 野幌駅南通(第一工区)街路事業説明会(平成23年6月28日 その2)

野幌駅南通(第一工区)街路事業説明会(平成23年6月28日 その2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

4.質疑応答

 会場でいただいたご質問の概要は次のとおりです。

ご質問と回答

(1)補償・移転について

質疑内容江別市からの説明
 野幌駅南通の整備によって自分の土地が狭くなることについて説明して欲しい。 今後、各地権者の方に入念な説明をしながらご理解をいただき、尚且つ早い時期に事業効果が出るように考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。
 都市計画法第67条について、土地・建物を持っている人が江別市に申し出をしたら江別市が買うのか。 現在所有されている方が、江別市以外の方に土地・建物を売買したい場合、事前に江別市に申し出ていただく事となります。申し出を受けて、江別市が30日以内に買い取るか、買い取らないかを判断することとなります。

(2)道路計画について

質疑内容江別市からの説明
 野幌駅南通の計画幅員構成は、どのようになるのか。 計画幅員は、車道が3m、停車帯1.5mの片側1車ずつ、両サイドに3.5mの自転車歩行者道を設け、全幅16mで整備する計画です。
 野幌駅南通の計画で住宅の高い方はどういうふうになるのか。 道路は現状の高さを基本としながら、道路と民地との離れや土地の利用形態等を加味しながら詳細な設計をする中で今後、地権者の方と個別にご相談させていただきたいと考えております。
 道路がないところに道路を通すとなると騒音が問題になると思いますが、歩道の3.5mで音が出ない根拠を教えてください。
 また、騒音対策は考えていますか。
 歩道を利用する歩行者と自転車が安全に通行できる幅として幅員を計画させていただいています。また、現在道路の改良、路盤の置換えはなされていませんが、計画では車輌の通行に対応でき得るように砂利を70cm、舗装は12cm(3層)の厚さを確保して、振動等について対応させていただきたいと考えております。
 野幌駅南通の第二工区間、区画整理事業区間についての計画年度を教えてください。 野幌駅南通の第二工区については、平成27年度から平成31年度を予定しており、区画整理事業区間は平成26年度から平成27年度を予定しております。
 鉄東線の計画交通量の計画年次はいつですか。 鉄東線の将来交通量につきましては、平成35年で想定しているところです。
 野幌顔づくり事業の道路網のネットワークを広げる際、鉄東線の現状通行量がどれくらいで、分散するとどれくらいの循環で通行量が変わるのかということを数字の上で具体的に教えてください。

 現在、鉄東線の交通量が約1万台流れております。
 この計画によって野幌駅南通第一工区については約2,400台、鉄東線の部分についても引き続き車の通行があるので約5,900台と想定しております。第二工区につきましては、約2,200台、鉄東線の部分につきましては約4,500台を想定させていただいております。

 高齢の方で、この計画には反対であるという事を一貫して強く仰ってる方がおり、そういう方の意見を聞いて、ご本人が納得できるような形をもう少し検討したらどうでしょうか。 ご高齢の方からのお問い合わせもお電話等で入っており、出来るだけご自宅に伺ってご説明をさせていただいているところでありますが、今後もこの説明会だけで終わりという事ではなくて、関係する地権者の皆様、それと地域住民の方のお問い合わせにつきましては、きめ細やかに個別に対応させていただきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。
 この地区は高齢者の方が多いのに、こんな道路を作って、住んでいる人達が高齢者であったら危険は無いですか。 当計画においても交通バリアフリーに対応する為に歩道の段差を無くすること、雨の時にも歩きやすいように排水性舗装での整備も予定させていただいており、交通のバリアフリー化に対応でき得るような整備を進めてまいりたいと考えております。

(3)その他について

質疑内容江別市からの説明
 現在の鉄東線は、拡幅計画がありますか。 拡幅計画は、ありません。
 鉄東線は現在と変わらなく通れるのでしょうか。鉄東線が分断されると不自由だと考えます。 当街路事業、連立事業及び土地区画整理事業を一体的に進めており、土地区画整理事業の南口駅前広場の計画により、鉄東線を分断する配置となります。
 今後、野幌駅南通、駅前広場の整備は、まちづくりのため必要なものだと考えているところでありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

前へ