ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > イベント > > 教育委員会 > 公民館等の札幌市在住者の利用自粛について【新型コロナ対応】
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

公民館等の札幌市在住者の利用自粛について【新型コロナ対応】

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月12日更新

公民館等における札幌市在住者の利用自粛要請について

 国は、7月11日をもって北海道における「まん延防止等重点措置」を解除しましたが、北海道では、大型連休、お盆など夏休みシーズンの到来による人の移動の活発化を見据え、リバウンドの防止と段階的緩和の観点から、7月12日から8月22日までの期間、「夏の再拡大防止特別対策」を講じることとしました。

 また、札幌市は「重点地域」とされ、感染防止対策の一層の徹底を図るため、7月12日(月)から7月25日(日)までの間、札幌市との不要不急の往来自粛を要請しております。

 このため、7月25日(日)までの間、札幌市内からのご来館、ご利用につきましては、「夏の再拡大防止特別対策」の主旨を踏まえ、ご遠慮いただきますよう願い申し上げます。

 施設を利用される皆様には、ご不便をおかけしますが、利用上のルールを順守の上、感染防止対策の徹底について、改めてご協力をお願いします。

 

対象施設

  中央公民館(コミュニティセンター含む)、野幌公民館、大麻公民館(市民文化ホール含む)

  旧町村農場、ガラス工芸館