ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみ出し等に関するお願い【新型コロナ対応】

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月22日更新

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともない、今一度、次のことにご協力をお願いします。

新型コロナウイルス検査用試薬キットの廃棄(捨て方)について

 ご自宅でPCR検査、抗原検査、抗体検査ができる試薬キットが市販されていますが、使用済みの試薬キット(プラスチックが主材料で針がないもの)については、以下の点にご注意して「燃やせるごみ」の日にお出しください。

1 ポリ袋などに入れ、なるべく空気を抜いたうえで封をしてください。

2 密封した袋ごと市の指定ごみ袋に入れて飛び散らないよう袋の口をしっかりと結んで、「燃やせるごみ」の日にごみステーションに出してください。

・ 対象となる簡易検査キットは、ご家庭から出るものに限ります。

・ 針があるものは、市では処理できません。購入店かメーカーに廃棄方法をお問い合わせください。

使用済みマスクやティッシュなどの捨て方について

 マスクは、市の指定ごみ袋に入れ、飛び出さないように袋の口をきちんと縛って「燃やせるごみ」の日に出してください。
 発熱や咳などの症状がある方が使用したマスクやティッシュは、ポリ袋やレジ袋に入れて、袋の口を縛ってから市の指定ごみ袋に入れるようご協力をお願いします。
  また、カラス被害等によりごみが散乱しないよう、今一度、ごみステーションの管理とごみの出し方を徹底していただきますようよろしくお願いします。

 ごみを出された方が、ご家族などから感染することを防ぐためには、「ごみに直接触れないこと」や「ごみ出し後の手洗い」が大切です。
 詳しくは、下記の環境省の資料をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのごみの出し方新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

マスクのポイ捨てはやめてください

 使用済みマスクやティッシュが歩道などにポイ捨てされているのが散見されます。ポイ捨ては、新型コロナウイルス感染防止の観点からも、皆さんの迷惑となっています。

 マスクやティッシュに限らず、ごみはポイ捨てせず、必ず持ち帰って上記のとおり出すようにしてください。

資源物・危険ごみの出し方について

 きちんと分別されずに出されていることが多く、作業員がごみに触れる機会が増えてしまいます。
 資源物や危険ごみは、次のとおり、品目ごとに袋を分けて出してください。

資源物

 ・ペットボトル
 ・びん、缶
 ・白色トレイ
 ・紙パック
 ※ 資源物は水ですすいでから出してください。ペットボトルは収集後に選別し、再度洗浄することがありますので、つぶさずに出してください。
 ※ ペットボトルのキャップとラベルは、はずして燃やせるごみに出してください。
 ※ びんのキャップは、プラスチック製は燃やせるごみ、金属製は燃やせないごみに出してください。

危険ごみ

 ・スプレー缶、ガスカセット缶
 ・蛍光管、HIDランプ
 ・電池類、水銀体温計、水銀温度計、ライター類