ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に配意した立入検査等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年2月10日更新

基礎疾患のある方や高齢者が多く集まる施設等(そのほか高い感染防止対策が必要な施設等)における立入検査について

立入検査方法について

消防法に基づく立入検査の目的は、施設や建物全体を確認し、火災が発生し、または火災による被害が拡大するおそれのある事項について、お伝えし、改善してもらうことにより、施設等の安全を図ることにあります。そのような理由から、コロナ禍であっても火災のリスクは変わらないため、消防職員による施設や建物全体を確認する立入検査を状況に応じて実施しているところです。

今後は、基礎疾患のある方や高齢者が多く集まる施設等(そのほか高い感染防止対策が必要な施設等)については、新型コロナウイルス感染防止の観点から、施設内の確認を最小限とし、通常の立入検査とは異なる方法とする場合があります。この場合における手順は以下のとおりです。

  1. 消防職員が建物関係者と立入検査の日程調整を実施します。そのとき「防火対策自主チェック表」による防火対策の自主確認をお願いしますので、本ページリンク先から、「防火対策自主チェック表」をダウンロードしてください。
  2. 建物関係者は「防火対策自主チェック表」による自主確認を実施し、その「防火対策自主チェック表」を立入検査前日までにFaxやメール・郵送等により消防本部(署)まで提出してください。
  3. 立入検査当日は、十分な感染防止対策を講じたうえで、「防火対策自主チェック表」の結果を踏まえ、確認内容を絞り、必要最低限の時間で立入検査を実施いたします。また、必要に応じて、立ち入りを最低限とするため、「リモート査察」を実施する場合があります。

自主防火管理の大切さ

火災は、人々の生命や財産だけではなく事業者の社会的信用を失わせてしまうこともあります。火災の発生を防ぎ、いざ火災が発生しても被害を最小限に抑え、建物使用者等の安全を確保するためには、「自分たちの建物は自分たちで守る」という自主防火管理意識をお持ちいただき、建物関係者自らが防火上の確認を行い、不備等があれば改善していくということが、このようなコロナ禍においては、とても重要となります。消防職員の立入検査がない場合も定期的に自主確認いただき、大切な生命・財産を火災から守っていただきますようお願いいたします。
ボーカ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。