ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

火災予防条例が一部改正されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新
電気自動車等に急速充電するための設備(以下「急速充電設備」という。)は、その全出力が20キロワットを超え50キロワット以下のものを急速充電設備として、江別市火災予防条例第13条の2で規制しているところですが、電気自動車等に搭載される電池の大容量化に伴い急速充電設備の高出力化が予想されることから、使用の際の安全を確保するため、火災予防条例の一部改正を行いました。

主な改正内容

1 規制の対象となる全出力の上限を、50キロワットから200キロワットまで拡大しました。

2 出力の上限を拡大したことに伴い、火災予防上必要な措置を追加しました。

3 50キロワットを超える急速充電設備を設置する場合は、消防署への届出が必要となりました。

※一般家庭などで使用される単相交流100ボルト、200ボルトコンセントを使用するものは「普通充電設備」であり火災予防条例の規制を受けません。

施行日

令和3年4月1日

経過措置

施行日前に既に設置され、または設置の工事中である急速充電設備については、改正前の条例規制が適用されます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。