ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症を予防しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月25日更新

熱中症を予防しましょう

熱中症といえば、炎天下に長時間いた、真夏の暑いなか運動をしていたといったケースを想像するかもしれません。

しかし、実際はこうした典型的な場面ばかりではありません。
暑さに慣れていないこの時期や、意外なところでは、気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。
また、家の中でじっとしていても室温や湿度の高さから熱中症にかかることもあり、最近ではこの様な室内型熱中症が注目されています。
熱中症を予防するには、次のようなことに気をつけましょう。


・暑さを避ける
外出時にはなるべく日陰を歩く、帽子や日傘を使うなど。
家の中では、ブラインドやすだれで直射日光を遮る、扇風機やエアコンで室温・湿度を調整するなど。


・服装を工夫
衣服を工夫して暑さを調整しましょう。衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。


・こまめな水分補給
暑い日には知らずしらずのうちに汗をかき、体内の水分が失われています。のどが渇く前からこまめに水分を補給しましょう。
ただし、コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物、アルコール類は利尿作用があるので適しません。
また、汗をかくと、水分と一緒にミネラルやビタミンも失われます。水分補給だけではなく、ミネラルも補給するようにしましょう。

・暑さに備えた体作り
ウォーキングやランニングなどの運動で汗をかく習慣を身につけることも、大事な予防法の一つです。
日頃から暑さに身体を慣らしておきましょう。

 

参考:環境省熱中症予防情報サイト 熱中症の予防方法と対処方法