ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 相談・予防 > ワクチンに関する情報 > 新型コロナワクチンの有効期限の延長について

新型コロナワクチンの有効期限の延長について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年12月16日更新

 【ファイザー社ワクチン及び モデルナ社ワクチン の有効期限の取扱いについて

 令和4年(2022年)12月16日付け厚生労働省健康局事務連絡により、一部のファイザー社ワクチンの有効期限を12か月から18か月に延長して取り扱うこととなりました。それぞれのワクチンに関する有効期間の具体的な取扱いは、以下のとおりです。

※ワクチンの有効期間は、一定期間ワクチンを保存した場合に品質が保たれるかについて、当該ワクチンを製造・販売する企業において集められたデータに基づき、薬事上の手続きを経て、設定されます。このため、一度有効期間を設定した後であっても、当該企業において、引き続き、より長くワクチンを保存した場合に品質が保たれることについてデータが集められれば、そのデータに基づき、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されることがあります。

 

ァイザー社ワクチン(12歳以上用)

 
ワクチン/変更日

令和3年(2021年)

9月10日

令和4年(2022年)

4月22日

令和4年(2022年)

8月19日

令和4年(2022年)

12月15日

12歳以上用

1価:起源株の有効期限

6か月→9か月 9か月→12か月 12か月→15か月

12歳以上用

2価:起源株/オミクロン株の有効期限

12か月→18か月

 

ファイザー社ワクチン(5~11歳用)

 
ワクチン/変更日

令和4年(2022年)

4月22日

令和4年(2022年)

12月15日

5~11歳以上用の有効期限

9か月→12か月

12か月→18か月

 

ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)

 
ワクチン/変更日

令和4年(2022年)

12月15日

6か月~4歳以上用の有効期限

12か月→18か月

 

モデルナ社ワクチン

ワクチン/変更日

令和3年(2021年)

7月16日

令和3年(2021年)

11月12日

モデルナ社ワクチンの有効期限

6か月→7か月

7か月→9か月

 

 

(事務連絡)ファイザー社ワクチン及びモデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて [PDFファイル/511KB]
(別添1)ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(12歳以上用、1価_起源株)の有効期限 [PDFファイル/570KB]

(別添2)ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限 [PDFファイル/545KB]
(別添3)ロットNo.別 モデルナ社ワクチンの有効期限 [PDFファイル/526KB]
(別添4)ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(12歳以上用、2価_起源株・オミクロン株)の有効期限 [PDFファイル/86KB]
(別添5)ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)の有効期限 [PDFファイル/79KB]

 

関連リンク

 厚生労働省ホームページ内、「有効期限の取り扱いについて」をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kigen.html

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。