ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 相談・予防 > ワクチンに関する情報 > 新型コロナワクチンの有効期限の延長について

新型コロナワクチンの有効期限の延長について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月27日更新

 【ファイザー社ワクチン及び 武田/モデルナ社ワクチン の有効期限の取扱いについて

 令和4年(2022年)4月22日付け厚生労働省健康局事務連絡により、新型コロナワクチンは、貴重なワクチンであり、これを無駄にせず、有効に活用する観点から、有効期限を延長して取り扱うこととなりました。

 ファイザー社ワクチンは、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長され、令和4年(2022年)4月22日には「9か月」から「12か月」に延長されました。

 武田/モデルナ社ワクチンは、 令和3年(2021年)7月16日に、-15℃~-25℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。

【事務連絡】ワクチンの有効期限の取扱いについて [PDFファイル/393KB]
【別添1】ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限について [PDFファイル/841KB]

【別添2】ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限について[PDFファイル/632KB]
【別添3】モデルナ社ワクチンの有効期限について [PDFファイル/807KB]

 

関連リンク

 厚生労働省ホームページ内、「有効期限の取り扱いについて」をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kigen.html

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。