ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育委員会 > 学校教育 > 新型コロナウイルス関連情報 > 学校・教育・保育 > 小中学校関係(江別市教育委員会) > 市内公立中学校における新型コロナウイルス感染者の発生について【5月13日更新】(5月5日発表)

市内公立中学校における新型コロナウイルス感染者の発生について【5月13日更新】(5月5日発表)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月13日更新

【5月13日更新】

 5月3日に教諭2名が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、濃厚接触者等へのPCR検査により生徒5名の感染が新たに判明した江別市内の公立中学校について、保健所の指示に基づく健康観察期間等が終了したため、学年(学級)閉鎖を終了しました。

 

【5月10日更新】

 5月3日に教諭2名が新型コロナウイルスに感染したことが確認された、江別市内の公立中学校において、濃厚接触者等へのPCR検査により、当該教諭が担当する学年の生徒5名の感染が新たに判明しました。

 当該中学校では、すでに学年(学級)閉鎖の措置を講じているところであることから、当面の間、学年(学級)閉鎖措置を継続することとします。

 なお、感染した児童及び家族等の人権尊重・個人情報保護に関して、十分なご理解とご配慮をお願いいたします。

 

【5月5日発表】

 5月3日、江別市内の公立中学校に勤務する教諭2名が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

 このことを受け、5月6日から当面の間、当該教諭がそれぞれ担当する、学年を学年閉鎖、特別支援学級を学級閉鎖することとしました。

 また、改めて教室内などの消毒を行いました。

 今後、濃厚接触者の範囲については、保健所の調査により確定することから、学年(学級)閉鎖の期間等については、その調査結果を受けて決定いたします。

 なお、感染した教諭及び家族等の人権尊重・個人情報保護に関して、十分なご理解とご配慮をお願いいたします。