ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

千古園

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

千古園

 東西野幌開拓を担った北越殖民社の創立者の一人で、江別の開拓に貢献した関矢孫左衛門の住居跡地です。
 春には桜が楽しめ、大勢の花見客で賑わいます。市の文化財にも指定されています。

所在地

 東野幌375番地

面積

 12,185m2

開設

 1956年

アクセス

 野幌駅よりJRバス「殖民社」下車、徒歩2分

設備など

駐車場のアイコンです。お花見のアイコンです。

 アイコンの見方

アクセスマップ

アクセスマップ