ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 市のプロフィール > 市庁舎電話の保留音が「風はみどり」になりました

市庁舎電話の保留音が「風はみどり」になりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月3日更新

導入経緯

風はみどりのジャケット 昭和53年の江別100年を記念する事業(江別村の設置から100年)で、市民の皆様に広く親しまれ、末永く愛唱されるよう「風はみどり」という楽曲が制作されました。

 市から制作を依頼された作曲家の故いずみたく氏は、資料や実際に見た江別の街のイメージを基に作曲、作詞は山川啓介氏、歌は男性コーラスグループのデューク・エイセスが担当しました。

 これまでイベント会場で曲を流したり、小中学校等にCDと楽譜を配付するなど普及を推進してきましたが、より一層市民の皆様に親しまれるよう、市本庁舎などにおいて平成28年10月3日から「風はみどり」を電話保留音として導入しました。

↓動画は以下のリンクから

関連ページ:江別百年を記念して製作された歌「風はみどり」

 

対象施設

 本庁舎、別館、第二別館、教育庁舎、錦町別館、土木事務所

「風はみどり」の歌詞

風はみどり

作詞/山川啓介 作曲/いずみたく 歌/デューク・エイセス

 

1 この都市(まち)の風は いつも緑 さわやかな希望の 香りがする

  この都市(まち)の人は 誰も自由 あたたかい瞳を 明日へ向ける

   ここに生まれて 住んでよかった

   空に包まれた ふるさと江別

 

2 ゆるやかな流れ 広い牧場 伝説をたたえて まどろむ森

  あざやかに都市(まち)を 染める季節 本当のやすらぎ 生きてる大地

   ここに生まれて 住んでよかった

   花に埋(うず)もれた ふるさと江別

 

3 子供らに語ろう 昔話 この町をつくった 男の汗

  未来へと 夢が語りつがれ より高く大きく 育ちつづける

   ここに生まれて 住んでよかった

   古く新しい ふるさと江別

 

※1番を保留音としています。