ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 産業・ビジネス情報 > 産業振興 > 商工業支援 > 「麦の里えべつ」キャンペーン実施中
トップページ > 分類でさがす > 産業・ビジネス情報 > 産業振興 > 農業 > 「麦の里えべつ」キャンペーン実施中
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > えべつの魅力 > 特産品 > 「麦の里えべつ」キャンペーン実施中

「麦の里えべつ」キャンペーン実施中

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

麦の里えべつ

麦の里えべつのぼり図柄 江別市は石狩地方でも有数の小麦の産地です。なかでも高タンパクで引き合いが多く“幻の小麦”と言われる「ハルユタカ」については、全道生産量の大半が江別産となっています。
 市では、「ハルユタカ」をはじめとする江別産小麦の普及促進と需要拡大を目的に、産学官連携組織「江別経済ネットワーク」の会員とともに「麦の里えべつ」キャンペーンを実施しています。左は「麦の里えべつ」キャンペーン用幟(のぼり)の図柄です。
 このキャンペーンを展開することにより、次のような効果が生まれることを期待しています。
  1. 江別産小麦のブランド化で価値と需要を高めることによる地域農業の支援と創造
  2. 江別産小麦を利用した具体的な新製品の開発・販売による地域経済の活性化
  3. イベントや広報宣伝による既存の江別産品のブランド化と需要拡大
  4. 市民自身が自分たちの住むまちを知ることによる地産地消の拡大
  5. キャンペーンやイベントを産学官の連携および市民の協力にて実施することによる「協働事業」の推進

江別小麦めん

江別小麦めんのぼり図柄

 江別産小麦を利用した具体的な新商品としては、江別経済ネットワークが開発した「江別小麦めん」(江別ブランドラーメン)が平成16年4月25日から市内飲食店で提供されています。また、ご家庭でも調理して食べることができるように、同5月29日から市内食料品店において家庭用商品の販売も始めました(専用の手打ち式麺工房でつくっている江別市内限定商品のほか、通常の製麺機でつくっている全国流通用の商品もあります)。
 「江別小麦めん」は、その前年に収穫された江別産小麦のおいしさを最大限に活かした麺になるよう、江別経済ネットワークがその年ごとに試食を重ね、品種をブレンドします。デビュー作は「ハルユタカ」「ホロシリコムギ」ともに50%ずつ、"2011年版"は「ハルユタカ」50%に、「ホロシリコムギ」と「キタホナミ」のブレンドで配合されています。
 「江別小麦めん」は、ご協力いただける飲食店がメニューとして提供しています。左は「江別小麦めん」をメニュー化している飲食店の目印となる幟(のぼり)の図柄です。江別経済ネットワークでは、ご協力いただける飲食店を随時募集しています。
 江別小麦めんの調理例
 「江別小麦めん」の調理例です。「江別小麦めん」は、麺の風味を最大の特徴にしており、調理方法は各飲食店にお任せしています。このため、「江別小麦めん」のメニューは飲食店ごとにオリジナルとなっています。なお、家庭用商品については、スープが付いています。
江別経済ネットワークのホームページはこちら

 

 

ハルユタカについて

 

 

小麦畑の収穫の様子

 ハルユタカは、収量が少ない「幻の小麦」として全国から注目されています。たんぱく質の含有量が多く、小麦粉にすると限りなく強力粉に近い性質を持っています。また、外国産と比べるとでんぷん質も多く、パンや麺にすると、味わいのあるもちもちとした食感になります。

 全国から注文が寄せられる人気の品種でありますが、収量・品質が安定しないため生産が難しい小麦です。しかし、本来「春まき」で栽培するハルユタカを、江別では「初冬まき栽培」にすることで安定した収量・品質を確保することに成功しました。

小麦畑の様子