ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 農業振興課 > 小麦フェスタ2014inえべつ

小麦フェスタ2014inえべつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月11日更新

小麦フェスタ2014inえべつ

 江別ではこれまで「全国焼き菓子コンペ’98in江別」「菓子祭り2002in江別」「小麦フェスタ2006in江別」「コムギフェスタ2010inえべつ」まで、4年に一度、小麦の魅力を発信するイベントが行われてきました。
 この間、江別でも小麦の新しい品種が作付けされ、また、姿を消した品種がある中(注1)で、国産初の本格的パン用小麦の品種である「ハルユタカ」が、今もなお栽培され続け、私たちにその香りと風味を届けてくれています。その根底にある生産者と小麦をとりまく関係者のストーリーの一端に触れると、江別の小麦も一段と味わい深いものに。
 今回は市制施行60周年の記念の年であり、また来年は「美味しい江別」(注2)の本格実施の年でもあるため、江別の魅力、とりわけ「食」についてのイベントを結集し、みなさんにまとめてお届けするため「農業まつり」「まるごと江別2014」と同日開催されることになりました。

〈主な事業(予定)〉
 ・フォーラム関係
  道産小麦への期待や今後の可能性についての有名ベーカリーシェフの提言等
 ・プロジェクション・マッピング
  学生チームが「ハルユタカの夢(仮)」と題し、ハルユタカの小麦畑を会場内に創り出します。
 ・物販・飲食関係
  江別産小麦を使った新商品を含むパンの販売やスイーツコーナー等

注1 過去には「チホクコムギ」や「ホクシン」などといった品種が作られていましたが、現在は「ハルユタカ」のほか、超強力粉としてデビューした「ゆめちから」やスイーツに使われる「きたほなみ」、ドーナツやパスタなどにも使われる「春よ恋」が作られています。

注2 平成27年秋頃、東京の丸の内シェフズクラブの協力により実施予定の江別の食材を活かした江別フェアに向けた一連のプロモーション。詳細は江別商工会議所内実行委員会事務局へ。電話:382-3121)

注3 建物などに映像を重ね、その構造にあわせたアニメーションを投影することで迫力ある映像を演出するもの。

日時

平成26年8月30日(土曜日)10時から16時

会場

江別市民会館(江別市高砂町6番地)

詳細

小麦フェスタ2014inえべつ実行委員会事務局(江別市経済部農業振興課内)
電話:011-381-1025

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。