ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金基金

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

国民年金基金とは

 国民年金に上乗せして厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入していない自営業者などの国民年金の第1号被保険者とでは、将来受け取る年金額に大きな差が生じます。
この年金額の差を解消するための自営業者などの上乗せ年金を求める強い声があり、国会審議などを経て、厚生年金などに相当する国民年金基金制度が平成3年4月に創設されました。
 国民年金基金制度は、国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)とセットで、自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです。    

国民年金基金のメリットは

  1. 税制上の優遇 掛金は全額社会保険料控除となり、税金が軽減されます。また、受け取る年金も公的年金等控除の対象となります。遺族の方への一時金は全額非課税です。
  2. 掛金・年金額が確定 加入した際の掛金及び受け取る年金額は変わりませんので、自分に合わせた年金設計ができます。加入後の掛金は、増口(年1回)や減口することができます。
  3. 遺族一時金 加入した方が保証期間内に亡くなられた場合、遺族に一時金が支給されます(注)。ただし、遺族一時金は掛金総額を下回ることがあります。

 (注)終身年金で保証期間のない「B型」を除く。ご加入方法の詳細は、下記「国民年金基金に関するお問合せ先」へお問合せいただくか、
    国民年金基金のホームページでご確認願います。

国民年金基金に加入できる方は

 国民年金基金に加入できるのは、以下のいずれの条件も満たしている方です。
 ○ 20歳から60歳未満の方、または60歳から65歳未満で国民年金に任意加入している方
 ○ 国民年金保険料を納めている方(農業者年金加入者を除く)
 ○ 道内に住民票のある方(地域型で北海道国民年金基金にご加入の場合)

国民年金基金に関するお問い合わせ先

 北海道国民年金基金(札幌市中央区北1条西4丁目2 札幌ノースプラザ6階、電話/0120-65-4192)
 国民年金基金のホームページ